クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2014年11月21日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「SPGアメックス」に付帯するゴールド会員資格で
本当にホテルの部屋はアップグレードされるのか?
実際に「シェラトンホテル」に宿泊してみた!

■本記事は2014年時点の内容です。「SPGアメックス」の最新記事はこちら!
SPGアメックスは、アメリカン・エキスプレス発行のカードの中で、専門家がイチオシする最強カード!カードの達人が「アメックスの魅力と活用法」を解説


 最近はプレミアムカードについての取材を受けたり、記事を書くことが増えてきた。筆者はできるだけ該当のクレジットカードを保有し、そのカードを利用した体験談を元に話をするようにしている。以前も「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックス)」でシェラトン都ホテル東京に無料宿泊した際の記事をアップしたが、今回はその第二弾となる。
(関連記事⇒「SPGアメックス」は年会費3万円するハイグレードな旅行者向けカード。実際に特典を利用してみると、無料宿泊や部屋のアップグレードなど満足度は高い!

「SPGアメックス」は、世界的な高級ホテルグループと
アメックスが提携してできた旅行者向けのカード

 最初に「SPGアメックス」についておさらいしよう。

 「SPG」とは「スターウッド・プリファード・ゲスト」の略で、超有名ラグジュアリーホテルブランドを擁し、世界に1100件のホテルを展開している「スターウッド・ホテル&リゾート」が運営するポイント制度のこと。日本でも「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」や「ウェスティンホテル東京」「セントレジス大阪」など、15の一流ホテルを運営している。

 「SPG」は航空会社のマイレージと同様に、宿泊日数や回数に応じてポイントが貯まり、ゴールド会員やプラチナ会員などのランクが上がる仕組みで、ランクが高くなるほど特典が多くなる。

 「SPGアメックス」は、そんな「SPG」とアメックスの提携により、2013年9月に誕生したクレジットカード。ホテルの利用に限らず、クレジットカードの利用でも「SPG」のポイントを貯めることができる
(関連記事⇒旅行好きなら絶対得する「SPGアメックス」誕生! 無料宿泊ができて、高還元でマイルも貯まる旅行に強いクレジットカードの決定版!

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
 (SPGアメックス・カード)
還元率 1.875%
 ※ 1マイル=1.5円換算。6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)の公式サイトはこちら!
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費(税抜) 3万1000円
家族カード税抜) あり(年1万5500円)
おすすめポイント 「SPG」のゴールド会員資格が得られるほか、国内15のホテル内のレストラン、バーの料金が15%オフ(アルコール除く)に。100円で3ポイント貯まるポイントは40社以上のマイルに無期限で、自由に移行でき、6万ポイント=2万5000マイルに。また、カード継続で毎年無料宿泊券がもらえる!
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)の公式サイトはこちら!

 「SPGアメックス」には、3つの大きな特徴がある。

①毎年「SPGアメックス」の年会費を支払い、継続保有をすると
 スターウッド・グループで利用できる「無料宿泊特典」がもらえる!
②「SPGアメックス」を保有しているだけで、
 さまざまな特典が得られる 「SPG」のゴールド会員資格が得られる!
③「SPGアメックス」を利用して貯まったポイントは、実質無期限で、
31社の航空会社のマイルに高い交換比率で移行できる!

 さらに②の「SPGゴールド会員」の特典は、次のようなものだ。

●SPG参加ホテル利用により、1米ドル=3ポイントを獲得
チェックアウト時間の延長(16:00まで)
●チェックイン時の空室状況により、エンハンスドルーム(より良い部屋)へのアップグレード
●チェックイン時に、ウェルカム・ギフトを用意(1滞在につき「ボーナス・スターポイント」「部屋での無料インターネット」「ドリンク・サービス(1杯)」のいずれか1つ)

 このようにお得な特典の満載のカードだが、問題は3万1000円+税という高額な年会費とのバランスだ。前回の「ウエスティン都ホテル京都」に引き続き、年会費のもとが取れるだけの価値あるサービスを受けられるのかどうか、実際にホテルに宿泊することで確認してみたい。

 今回利用したのは、舞浜にある「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」だ。

 前回の「ウェスティン都ホテル京都」では、「SPGアメックス」保有者向けの「SPGゴールド特典」は、それなりの満足度はあるものの、年会費とのバランスを考えるとメリットはそれほど大きなものではないと感じられた。今回も、前回と同じような状況であれば「SPGアメックス」を保有するメリットは少ないと言えるだろう。

ネットから予約

 まず、予約はスターウッドのサイトから直接行う。1ヶ月以上前に予約を行い、1泊当たり4万3600円となった。部屋のタイプはスタンダードルームの一般的な部屋で予約した。これは、アップグレードの確認を行うためだ。

チェックイン時にSPGゴールド特典の確認

 「SPGゴールド」の場合、ホテルへのチェックインの際に、上記のように「ウェルカムドリンク」「無料インターネットアクセス」「スターポイント」の3つの特典の中から1つ選択が可能となっている。インターネットアクセスはテザリングで行うため、筆者は3つの中から「ボーナスポイント」を選択し、250ポイントを獲得した。

 部屋のタイプを確認すると「アップグレードしてあります」との事だった。海側かパーク側かを確認すると、一般的に眺望が良いとされる海側の部屋が用意されていたようだ。

 しかし筆者は、東京ディズニーリゾートはそれほど詳しくないため事前に詳しい友人に確認していたが、「花火を見られるため部屋はパーク側が良い」との事だった。そこで、部屋の変更が可能かを聞いてみたところ、同じ部屋タイプでパーク側を用意できるとの事だったので、変更してもらった

 最後にチェックアウト時間を確認すると、16時までのレイトチェックアウトが利用可能となっていた。チェックアウト日も16時まで部屋が利用できると、丸一日遊べることになる。

部屋がクラブフロアへアップグレード

 エレベーターに乗ると、各フロアの案内がある。「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」の客室は12階までとなっており、筆者の部屋がある11階はクラブフロアとなっていた。予約時のメールを確認すると「下層階」と表記があるため、アップグレードされていることが確認できた

 部屋を確認すると、ベッドが2台に加え、エクストラベッドが1台入っていた。そのことで部屋が若干狭く感じたが、子供がいるためエクストラベッドは非常に助かった。また、夜の花火やプロジェクションマッピングも見ることができ、部屋自体は非常に満足できるものだった。

アップグレードでのクラブフロア特典は利用不可

 部屋はクラブフロアの利用となったが、ルームキーはクラブフロア向けのルームキーではなかった。つまり、クラブフロアにある部屋は利用できるが、専用クラブラウンジの利用、無料のワイヤレスインターネットアクセス、無料のヘルスクラブなどのクラブフロア向けのサービスは、一切利用できなかった。

レストランで「SPGアメックス」を提示し、15%OFFに

 滞在中は、15%OFFになるレストランを何件か利用した。全てのレストランで15%OFFになるわけではなく特定のレストランのみが対象となる。利用できるレストラン名はチェックイン時に教えてくれるため、そこで確認して予約を行った。

 あるレストランではSPG会員の確認をされたため、「SPGアメックス」を提示すると、店員さんに「?」という顔をされてしまった。「SPGアメックス」にはSPGの会員番号が書かれていないため、それをを見ただけではSPG会員ということがわからなかったのだろう。先日、「SPGアメックス」の1周年記念があったばかりのため、まだ見慣れないカードなのかもしれない。

「SPGアメックス」の「SPGゴールド」特典には、非常に満足

 今回の「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」では、「SPGゴールド」の特典を全て利用できたといえるが、その結果としては非常に満足の行くものだった。

 レストラン15%OFFの案内があった時に気がついたが、「ウェスティン都ホテル京都」では「どのレストランで15%OFFになる」などの案内はなかった。「ウェスティン都ホテル京都」はウェスティンの名前が付いているが、ホテルのグレードとしてはやはりワンランク落ちるということなのだろうか。前回、「SPGゴールド」のメリットを十分に感じられなかったのはこの辺りが原因なのかもしれない。

 「SPGアメックス」の年会費は3万1000円+税とかなり高額だが、1年に1回程度利用するだけでも十分お得だ。さらに、年会費を支払うと、1泊分の宿泊がプレゼントされるため、今回の1泊分(4万3600円)を考えると、それだけで元が取れるとも考えられる。

 一方、「SPGアメックス」の最大の欠点は、家族カードの年会費まで1万5500円+税と高額なところだろう。クレジットカードを使う場合、やはり家族カードを利用したほうがポイントは貯まりやすい。しかし、家族カードを合わせると、トータルの年会費が4万6500円+税と非常に高額になってしまう。仮に家族カードで50万円使ったとしても、獲得できるポイントは1万5000ポイントしかない。

 そう考えると、「SPGアメックス」では家族カードを発行せず、別途、年会費無料のサブカードで家族カードを発行したほうが良いだろう

 今回は、「SPGアメックス」を実際に使ってみての感想をまとめてみた。あくまでも個人的な感想ではあるものの、旅行が好きな人、たまには一流ホテルでゆっくりくつろぎたいという人なら、検討する価値はあると思う。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
 (SPGアメックス・カード)
還元率 1.875%
 ※ 1マイル=1.5円換算。6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)の公式サイトはこちら!
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費(税抜) 3万1000円
家族カード税抜) あり(年1万5500円)
おすすめポイント 「SPG」のゴールド会員資格が得られるほか、国内15のホテル内のレストラン、バーの料金が15%オフ(アルコール除く)に。100円で3ポイント貯まるポイントは40社以上のマイルに無期限で、自由に移行でき、6万ポイント=2万5000マイルに。また、カード継続で毎年無料宿泊券がもらえる!
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)の公式サイトはこちら!