クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2015年1月26日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けに
ディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開!
東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!

 「ディズニーランドには、選ばれた会員しか入れない秘密のラウンジがある

 こんな都市伝説を聞いたことはないだろうか? この都市伝説は、まぎれもない事実だ。

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの中には、一般のゲストは入れない、スポンサー関係など特別の資格を持った人しか利用できないレストランやラウンジがいくつか存在する。その中のひとつ、高級会員制レストランの「クラブ33」などは、ディズニーランドファンの間でも有名だろう。

 実は、東京ディズニーリゾートでJCBが提供しているアトラクション内にも、そうした秘密のラウンジが設けられている。先日、そのラウンジを利用する機会があったので、今回はその「秘密の場所」について詳しく紹介しよう。

東京ディズニーリゾートに存在する
「アトラクション内ラウンジ」とは?

 東京ディズニーリゾートのアトラクション内には、特別会員向けのラウンジが用意されている。

 そうした特別ラウンジを利用できる条件は、アトラクションによって異なるが、JCBがスポンサーをしている東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」と東京ディズニーシーの「ストームライダー」の場合、ラウンジの利用条件は、JCBのプラチナカード「ザ・クラス(THE CLASS)」を保有していることだ。

「ザ・クラス」保有者が利用できる特別ラウンジのあるアトラクション
●東京ディズニーランド「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ
 ・コンティニュー」
●東京ディズニーシー「ストームライダー」

JCB ザ・クラス(THE CLASS)
還元率 0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 5万円
家族カード あり(無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
JCB ザ・クラス(THE CLASS)の公式サイトはこちら!

※関連記事はこちら!
◆クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
◆クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(後編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

 このJCBの特別ラウンジでは、アトラクションの利用前に無料で休憩し、飲み物を飲むことができる。おそらく、どのラウンジでも同じようなサービスを提供していると思われる。また、優先的にアトラクションを利用できる特典もあるため、そのアトラクションのファストパスは不要となる。

JCBの特別ラウンジを利用するには、
まず招待券を申しこむ

送られてくる「JCBラウンジご招待券」

 アトラクション内にあるJCBの特別ラウンジを利用するには、まずインターネットで「My JCB」にログイン後、「ザ・クラス」の会員に対してのみ表示される「JCBザ・クラス会員限定サービス」のボタンをクリック、「ザ・クラス会員ページ」を表示する。

 次に、「東京ディズニーリゾート特別情報」メニューを選択し、内容を確認。「ザ・クラス・メンバーズデスク」に電話して、ラウンジの招待券を請求する。

 すると約10日で、写真のような「JCBラウンジご招待券」が郵送されてくる。ラウンジの利用にはこの招待券が必須となるので、「明日、JCBのラウンジを使いたい」と急に思い立っても利用することはできない。

 招待券の有効期限は発行日から約1年間で、その期間内に利用しなければならない。また、1年間で発行できる招待券は1枚のみとなっている。

JCBの特別ラウンジは完全予約制
招待券1枚で4人まで利用可能

「JCBラウンジご招待券」の裏面

 ラウンジは完全予約制となっており、事前に予約しなければならない。たとえ招待券を持っていても、東京ディズニーリゾートに行っていきなり訪問しても、入室はさせてもらえない。

 予約方法は、招待券に記されている電話番号に電話し、利用日と利用時間を伝えればOKだ。

 招待券1枚で4名までの利用と制限が書かれているが、筆者は5人家族だ。電話でその旨を伝えると、「5名でも大丈夫」と言ってもらえた。その辺りは臨機応変に対応してくれるようだ。

 招待券の裏に、電話で予約した利用場所(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)、利用日時、時間、人数、利用者を記入する欄があるので、事前に書いておこう。

 なお、「ザ・クラス」の家族カードを保有している場合は、本会員でなくても招待券を請求することも可能だ。利用当日に本会員がいなくても、家族カードとラウンジ招待券があれば利用できる。

 ただし、1年間に発行できる招待券の枚数は、本会員・家族カードを合わせて1枚のみ。もし家族会員が招待券を請求した場合、その年はもう本会員でも新しく紹介券を発行してもらうことはできない。

いざ、東京ディズニーシーの「ストームライダー」へ!

 当日は、東京ディズニーランドなら「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」(2014年11月4日オープン)に、東京ディズニーシーなら「ストームライダー」に行き、「ザ・クラス」のクレジットカードと「JCBラウンジご招待券」を提示する。

 今回、筆者は、東京ディズニーシーの「ストームライダー」のラウンジを利用したため、これから書くのはそちらについての内容となる。

 「ストームライダー」の入り口にいるスタッフにラウンジの招待券を提示し、名前を伝える。スタッフがチケットの裏に書かれた時間などを確認し、入り口まで誘導してくれる。「ストームライダー」には、一般のレーン、ファストパスレーン、出口レーンの3つの出入り口がある。ラウンジ利用者は出口レーンから案内される。

 アトラクションの入り口まで誘導されると、そこからは別のスタッフが中に案内してくれる。一般のゲストは建物の外に並んでいるので、当然、中には誰もいない空間が広がっている。