クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2016年2月12日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

JALマイルとANAマイルの両方と相互交換が可能な
「エムアイカード」やTOKYU POINTに注目!
派閥を超えたポイント交換を許す両社の狙いとは?

JALとANA両方のマイルと相互交換可能なポイント

 JALやANAなど、航空会社のマイルは、共通ポイントや電子マネーのポイントと切っても切れない関係だ。今後の主流は共通ポイントと電子マネーのポイントだが、その両者の行方を左右するのは航空会社のマイルと言っても過言ではない。

 なぜ、航空会社のマイルは強いのだろうか。その理由は、楽天やソフトバンクなどの大企業でも、飛行機を飛ばすことが難しい点にある。航空事業に手を出せないのであれば、せめて提携しようと各社が考える。そのため、航空会社のマイルと提携するポイントプログラムが多いのだ。

JALかANA、どちらか片方のマイルとしか
相互交換できないのが普通

 航空会社のマイルとポイントプログラムの提携には、2パターン存在する。

 1つ目は、航空2社の両方と提携するパターンだ。例えば、JCBのOki Dokiポイントは、JALとANAのマイルに交換することが可能。ただし、JALやANAのマイルをOki Dokiポイントに交換することはできない。つまり、ポイントをマイルに交換できるが、マイルをポイントに交換することはできない。

Oki Dokiポイントのマイル交換Oki Dokiポイント→マイルの交換は可能だが、マイル→Oki Dokiポイントの交換はできない

 2つ目は、1社とがっちり組むパターンだ。dポイントやPontaポイントは、JALとの相互交換はできるが、ANAへの交換はできない。これと同様に、楽天スーパーポイントやTポイントは、ANAとの相互交換はできるが、JALへの交換はできない。

 dポイントについては、従来はOki Dokiポイントと同じように、JAL とANA両方のマイルに交換できたが、JALとの相互交換を開始したタイミングで、ANAのマイル交換は終了している。

dポイントのマイル交換dポイントはJALマイルとの相互交換が可能になった代わりに、ANAマイルと交換することができなくなった

 つまり、JALやANAのマイルと相互交換をするためには、どちらかの派閥に入らなければならないということだ。

 しかし、実は、この派閥を超えて提携しているポイントプログラムが存在するのだ。

【派閥を超えて提携しているポイント・その1】
東京急行電鉄とJR九州のポイント

 JALとANA両方のマイルと相互交換可能なポイントプログラムとしては、まずTOKYU POINTとJQポイントが挙げられる

 TOKYU POINTは東京急行電鉄、JQポイントはJR九州のポイントプログラム。つまり、鉄道会社のポイントプログラムだ。ちなみに、JR東日本のSuicaポイントは、JAL・ANAのマイルからSuicaポイントに交換することが可能だが、Suicaポイントをマイルに交換することはできない。

 TOKYU POINTは、「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード」の保有者に限り、TOKYU POINTとANAマイルの相互交換が可能となる。また、「JALカード TOKYU POINT ClubQ」か「TOKYU CARD ClubQ JMB」の保有者は、TOKYU POINT とJALマイルの相互交換が可能だ。

JALカード TOKYU POINT ClubQ
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる! JALカードTOP公式サイトはこちら
発行元 JALカード
国際ブランド VISA、Master、DC
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2200円
(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3300円)
家族カード(税込) あり(年会費1100円)
ポイント付与対象の
 電子マネー
WAON、PASMO
JALカードTOP公式サイトはこちら"
TOKYU CARD ClubQ JMB
還元率 1.0%
TOKYU CARD ClubQ JMBの詳細はこちら
発行元 東急カード
国際ブランド VISA、Master
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1100円
家族カード(税込) あり(年会費330円)
ポイント付与対象の
 電子マネー
PASMO
TOKYU CARD ClubQ JMBの公式サイトはこちら

 一方、JQポイントは、「JQ SUGOCA ANA」の保有者に限り、JQポイントとANAマイルの相互交換が可能で、「JMB JQ SUGOCA」の保有者は、JQポイントとJALマイルの相互交換が可能。

 しかし、「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード」と「TOKYU CARD ClubQ JMB」の両方を保有していたとしても、ANAのマイルから交換したTOKYU POINTは、JALのマイルには交換できない。同じく、JALのマイルから交換したJQポイントやTOKYU POINTは、ANAのマイルに交換できない仕組みとなっている。

 つまり、間接的にJALマイルとANAマイルを交換することはできないので注意しよう。

TOKYU POINTのマイル交換ANAマイル→TOKYU POINT→JALマイルのようなポイント交換はできない

 では、なぜ鉄道会社のポイントは、航空2社と同時に提携できるのだろうか。

 その理由は、冒頭で述べた、共通ポイントや電子マネーのポイントが航空会社のマイルと提携する理由と同じで、航空会社といえども、一から線路を敷いて電車を走らせることは難しい。そのため、鉄道会社のポイントと航空会社のマイルが相互交換可能になったというわけだ。

 ただし、やはり鉄道会社のポイントは、地域限定というのがネックになるだろう。TOKYU POINTやJQポイントは、PASMOやSUGOCAにチャージできるため、電子マネーのポイントと考えることもできるが、やはり、Suicaほどの会員数はいないため、ポイント戦国時代の主役になるのは難しいだろう。

【派閥を超えて提携しているポイント・その2】
三越伊勢丹が発行する「エムアイカード」のポイント

 次に、航空会社のマイルとの相互交換に加わるのが、三越伊勢丹の「エムアイカード(MI CARD)」だ。「エムアイカード」のポイントは、2016年4月からリニューアルし、JAL、ANA、JTBトラベルポイントと相互交換を開始する。
(関連記事⇒「エムアイカード」がポイント制度や特典を変更!三越・伊勢丹グループ以外でも優待や特典があり、高還元で「JALマイル」が貯まるカードになった!

エムアイカード(MICARD)
還元率 0.5~10%
「エムアイカード(MICARD)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2200円
家族カード(税込) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「エムアイカード(MICARD)」の公式サイトはこちら

 ただし、JALマイルから「エムアイカード」のポイントに交換した後、ANAマイルに交換することはできず、逆も同様だ。これは、TOKYU POINTやJQポイントと同じような仕組みとなる。

エムアイカードのマイル交換「エムアイカード」のポイントはJALとANA両方のマイルと相互交換が可能。
しかし、ANAマイル→エムアイカードポイント→JALマイルのようなポイント交換はできない

 「エムアイカード」が、航空2社とそれぞれ相互交換できるようになる理由は、顧客層がマッチするためだろう。

 航空会社の提携カードを発行しているクレジットカード会社によると、航空会社の提携カードとそれ以外の提携カードの利用額を比べると、圧倒的に航空会社の提携カードのほうが、利用額が多いとのことだ。三越伊勢丹としては、お金を使う層を取り込みたいはずだ。

 一方、航空2社にとっては、三越伊勢丹グループを利用する超富裕層を取り込みたいはずだ。お帳場カード保有者、いわゆる外商担当者が付くような顧客層を取り込めると、一気にダイヤモンド会員が増えるかもしれない。

 もしかしたら、航空会社の上級会員に迎え入れるようなステータスマッチを行なう可能性がある。あるいは、上級会員は、ポイント交換レートが変わる可能性もあるだろう。“富裕層の相互送客”。これが「エムアイカード」のポイントが航空2社のマイルと相互提携できた理由だ。
(関連記事⇒「SPGアメックス」を使えば他社でも上級会員に!条件を満たさなくても、エアラインやホテルの上級会員資格が手に入る「ステータスマッチ」とは?

 以上、今回はJALとANA両方のマイルと相互交換できるポイントについて解説した。

JALカード TOKYU POINT ClubQ
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
おすすめクレジットカード!マイルが貯まる! JALカードTOP公式サイトはこちら
発行元 JALカード
国際ブランド VISA、Master、DC
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2200円
(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3300円)
家族カード(税込) あり(年会費1100円)
ポイント付与対象の
電子マネー
WAON、PASMO
JALカードTOP公式サイトはこちら"
TOKYU CARD ClubQ JMB
還元率 1.0%
TOKYU CARD ClubQ JMBの詳細はこちら
発行元 東急カード
国際ブランド VISA、Master
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1100円
家族カード(税込) あり(年会費330円)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
TOKYU CARD ClubQ JMBの公式サイトはこちら
エムアイカード(MICARD)
還元率 0.5~10%
「エムアイカード(MICARD)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2200円
家族カード(税込) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「エムアイカード(MICARD)」の公式サイトはこちら