NISA口座おすすめ比較[2019年]
2019年8月1日 

【NISA口座おすすめ比較】
NISA口座の投資信託の取り扱い本数で選ぶ!
NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!

 NISAで投資信託を購入したいなら、口座開設前に「どの証券会社が、どんな商品を取り扱っているのか」を調べておこう。なぜなら証券会社によっては、投資信託の取扱本数が非常に限られている場合や、そもそも取り扱っていない場合もあるからだ。

 そこで、各証券会社の投資信託の取扱本数を調査! 販売手数料無料(ノーロード)の投資信託本数や積立可能な投資信託本数、最低積立金額なども要チェックだ。以下の表を参考に、自分に合った証券会社を見つけよう!(※表内の投資信託本数はネットでの取扱数)

【NISA口座おすすめ比較】NISA口座の株式売買手数料の安さで選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!
つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説はこちら!
【NISA口座おすすめ比較】みんなに人気のNISA口座から選ぶ!NISAで得する「おすすめ証券会社」はココだ!一覧!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説はこちら!
【NISA口座おすすめ比較】NISA口座でIPO投資ができる証券会社から選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!
NISA口座おすすめ比較トップページはこちら!
【NISA口座おすすめ比較】NISA口座の投資信託の取り扱い本数で選ぶ!NISAで得する、おすすめの証券会社はココだ!
ネット証券会社おすすめ比較[2018年]はこちら!

【2019年11月13日更新】
◆NISA口座の投資信託の取り扱い本数で選ぶ!
NISAで投資信託を買うなら、この証券会社がおすすめ!

投資信託の本数
(ネット取引での取扱数)
販売手数料無料の
投資信託の本数
積立可能な
投資信託の本数
最低積立金額
◆SBI証券
約2560本 約1300本 約2500本 100円
【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座で取り扱う投信本数は業界トップクラス。そのうち約半数がノーロード(販売手数料無料)で、ノーロードではない投資信託でも、インターネットコースの投信積立なら買付手数料が0円となっている。積立日は毎日、毎週ほか5コースから選択できる。さらに、対象投資信託の月間平均保有額に応じて「SBIポイント」を獲得可能。「NISA枠ぎりぎり注文」により、NISAの投資可能枠を使いきることができるのも便利だ。2019年からNISAロールオーバーの手続きがWEBで完結できるようになった。ネット証券でNo.1の口座数を誇るので安心感&信頼感も抜群! 
【関連記事】
■【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手!
■【NISA口座】みんなが買っている人気の銘柄は? 2019年5/27~5/31までにSBI証券で買われた国内株式の買付金額ランキングを大公開!
■SBI証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
約2550本 約1300本 約2500本 100円
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座で取り扱っている投資信託は約2600本と業界トップクラス! そのうち約1300本はノーロード(販売手数料無料)なので、NISAのメリットを活かしつつ低コストで投資できる。またポイントプログラムが充実しており、ノーロードではない投資信託でも、投信積立なら買付手数料の全額をポイントで還元。さらに投資信託を保有しているだけで残高に応じてポイントが貯まるうえに、毎月の積立額に応じてポイントが貯まるサービスもある。投資信託の購入代金をポイントで支払うことも可能だ。
【関連記事】
■【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
■楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済&積立額の1%分のポイント還元を開始! ポイントの再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生
■楽天証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
楽天証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券
約1150本 約800本 約1100本 100円
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座で取り扱う約1100本の投資信託のうち、半分以上がノーロード(販売手数料無料)。ノーロードではない投資信託でも、積立購入では「ゼロ投信つみたて」プログラムにより買付手数料が全額キャッシュバック(=実質無料)。またサポートツール「MONEX VISION β」では、資産運用のアドバイスを具体的な商品名まで示して行ってくれるので、投資初心者にもおすすめだ。NISA口座なら日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株の買付手数料が全額キャッシュバックされるのも魅力 NISA・つみたてNISA口座内の投信保有で年率0.03%の投信マネックスポイントが付くのも嬉しい。
【関連記事】
■マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
■【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
■マネックス証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
約1100本 約700本 約1100本 100円
【カブドットコム証券のNISA口座のおすすめポイント】
2019年3月から、投資信託の最低購入単位を100円に引き下げ500円から個別株に投資できる「プチ株」、プチ株や投資信託を毎月積立投資できる「プレミアム積立」も利用可能で、資金が少ない投資初心者にもおすすめ。また、webサイトに掲載されている「注目ファンド特集」は情報が豊富で、投資信託選びの参考になるだろう。国内株の売買手数料が無料で、NISA口座を保有していると一般口座(と特定口座)の現物株式売買手数料が最大5%割引になる「NISA割」もお得!(ただし、「プチ株」「プレミアム積立(プチ株)」の場合は通常の手数料が必要)
【関連記事】
■【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準! 9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
■カブドットコム証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
カブドットコム証券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
約900本 約500本 約650本 1000円
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
「投信つみたてプラン」では1000円から買付可能で、使い勝手がいい。販売手数料が無料(ノーロード)の投信数も、約500本と豊富!  投資スタイルに応じて(たとえば「コスト重視」か「運用効率重視」か、など)おすすめの投信を選んでくれるサポートツール 「fund eye Plus」も便利だ。さらに個別株でも、東証に上場する銘柄のうち約3700銘柄に500円から投資ができる「キンカブ(金額・株数指定取引)」があるので、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのも魅力!
【関連記事】
■【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
SMBC日興証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
投資信託の本数 手数料無料の
投資信託の本数
積立可能な
投資信託の本数
最低積立金額
◆松井証券
約1090本 1080本
実質ほぼすべて無料
約880本 100円
松井証券のNISA口座のおすすめポイント】
取り扱う投資信託の8割以上が販売手数料無料のノーロード投信のうえに、ノーロード以外でも一括購入・積立購入を問わず購入時手数料が全額ポイント還元されるため(消費税分を除く:ブルベア型は対象外)、ほぼ全ての投資信託が実質手数料無料!  2019年6月から投信ページリニューアル。人気の投信や好成績の投信がすぐにわある各種ランキング装備、スマホの見やすさ、直接発注など機能が向上した。
【関連記事】
■【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円(無料)!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
■「ロボアドバイザー」を実際に使って機能を比較!証券会社のアドバイス型「ロボアドバイザー」の手数料や利用できる機能、使い勝手の違いを解説!
■松井証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
松井証券の公式サイトはこちら
◆野村證券
約1000本 約40本 約600本 1000円
【野村證券のNISA口座のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社で、口座数とNISA申込口座数はともに国内ナンバーワン! 大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが豊富で、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。投資信託業界の潮流や変化、最近の投資戦略、トレンドといった最新情報が満載の投資信託情報誌「Nomura Fund21」を隔月で発行しており、投資信託を買い付けるときに役立つはず。
【関連記事】
■IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
野村證券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
野村證券の公式サイトはこちら
◆フィデリティ証券
約650本 約350 約650本 1000円
【フィデリティ証券のNISA口座のおすすめポイント】
フィデリティ証券のNISA口座なら、一括購入でも積立購入でもすべての投資信託の販売手数料が無料なのが最大の魅力! 取扱本数も600本以上と豊富で、一部を除きほぼすべての投資信託が1000円から積立可能など使い勝手がよく、「2019年オリコン顧客満足度ネット証券ランキング投資信託部門」では第1位を獲得した。投資信託メインでNISAをやりたい人には、フィデリティ証券はおすすめ!
【関連記事】
■フィデリティ証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
フィデリティ証券の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン証券
約500本 約350
実質ほぼすべて無料
約500本 100円
【岡三証券のNISA口座のおすすめポイント】
「ZEROファンド」プログラムにより、購入手数料(税込)相当額をキャッシュバック!  一括購入・積立購入を問わずノーロードの投資信託以外でも購入手数料が実質無料となる(ブルベア型投信とETF等を除く)。また、岡三オンライン証券には選択した投資信託(最大10本)をグラフ比較できる「ファンドバッグ」機能があり、さまざまな投信を視覚的に見比べることができる。自分に合った投資信託を提案してくれる「投信ロボ」と併せて、どの商品を購入するか迷ったときに役立つはずだ。
【関連記事】
■「岡三オンライン証券」は1日最大40万円の取引まで「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得!

■【岡三オンライン証券のおすすめポイントは?】トレーダーに人気の高機能トレードツールと岡三証券グループの投資情報が魅力!
■岡三オンライン証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
岡三オンライン証券の公式サイトはこちら
投資信託の本数 手数料無料の
投資信託の本数
積立可能な
投資信託の本数
最低積立金額
◆岩井コスモ証券
約300本 約50本
【岩井コスモ証券のNISA口座のおすすめポイント】
投資信託の取り扱い本数はそこまで多くないが、IPO(新規公開株)の取り扱い銘柄数が多いのが最大の魅力。残念ながら、ネット取引ではNISA口座からIPOを申し込むことができないが、対面・コール(電話)取引なら可能だ。
【関連記事】
■岩井コスモ証券はIPO(新規公開株)の引受率がネット証券では最高レベル! 完全平等抽選も採用、資産が少ない個人投資家にも当選のチャンスあり!
■岩井コスモ証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
岩井コスモ証券の公式サイトはこちら
◆立花証券
約250本 約100本
【立花証券のNISA口座のおすすめポイント】
ネット取引の「ストックハウス」は取引画面がシンプルで使いやすい。またストックハウス口座を保有すると『会社四季報』の最新銘柄レポートを無料で見られるなど、情報サービスが充実しているのも魅力。投資信託を選ぶ機能は2019年5月から新ツール「ファンド検索」が登場。カテゴリ別・地域別などの分野から検索が可能。週間・月間の買付ランキングなども見られる。その他、投資信託コラムが情報入手や賢い運用をする上で役に立つ。
【関連記事】
■立花証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
立花証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券
約120本 約100本 約120本 100円
【GMOクリック証券のNISA口座のおすすめポイント】
2017年3月より投資信託の取り扱いを開始。本数は多くないが、ノーロード投信や信託報酬が抑えられた低コスト投信が豊富だ。100円から積立が可能なのも魅力。WEBサイトは「バランスファンド」「インデックスファンド」「アクティブ・テーマ型」の3種類に分けて紹介しているなど、投資初心者でも選びやすい。また、基準価額の変動や積立状況などを通知してくれる投信メール配信サービスも便利。
【関連記事】
■【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
■GMOクリック証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆丸三証券
約100本 10本 約70本 1万円
【丸三証券のNISA口座のおすすめポイント】
投資信託の取扱本数は多くはないが、丸三証券のネット取引「マルサントレード」では、一般口座を開設してから2カ月間は株式売買手数料が無料。もちろん、その期間内はNISA口座でも手数料無料だ。「つみたてNISA」は、積立は月々1000円から(1000円以上1円単位)可能。また、「日経テレコン21」や「株式新聞ニュース」が無料で利用・購読できるなど情報提供サービスが充実。無料セミナーの開催や動画セミナーの配信など、投資初心者へのサポートも手厚い。
【関連記事】
■「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実

■丸三証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
丸三証券の公式サイトはこちら
◆内藤証券
約80本 7
実質すべて無料
【内藤証券のNISA口座のおすすめポイント】
投資信託の取扱本数は少ないものの、今ならNISA口座で投資信託を購入した際の買付手数料をキャッシュバックするキャンペーンを実施中(=実質無料)!  また、日本株に比べて好配当の銘柄が多い中国株の取扱数がトップクラスなので、NISAで中国株にも挑戦したいなら内藤証券はおすすめ。
【関連記事】
■内藤証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
内藤証券の公式サイトはこちら
◆むさし証券
約60本 約24本
【むさし証券のNISA口座のおすすめポイント】
むさし証券のネット取引口座「トレジャーネット」は投資信託の取扱本数が少ないが、対面取引口座よりもノーロード投信や信託報酬の安い低コスト投信が充実している。「NISAにおすすめ」の投資信託が検索できるので、投資初心者でも選びやすいだろう。また、株式の売買手数料がトップクラスの安さなので、NISA以外に一般口座での投資も考えている人にはおすすめだ
【関連記事】
■【むさし証券のおすすめポイントを解説】現物株・信用取引とも業界トップクラスの低コスト!注文機能も強化され、IPO投資では穴場的な証券会社

■むさし証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
むさし証券の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券
1本 1本 1本 1万円
【ライブスター証券のNISA口座のおすすめポイント】
投資信託の取り扱いは「ひふみプラス」のみだが、積立購入が可能。また、顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得するなど、売買手数料の安さはネット証券でもピカイチ。NISAの場合、売買手数料が無料の証券会社もあるので、NISA口座しか使わないのであればそれほどメリットはないが、NISAをきっかけに長期的に投資を始めたいなら手数料が安いライブスター証券はおすすめだ。
【関連記事】
■【証券会社おすすめ比較】ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
■ライブスター証券のおすすめポイントや詳細情報のまとめはコチラ!
ライブスター証券の公式サイトはこちら
※2019年11月13日時点の投資信託の取扱本数。最新の取扱本数については各証券会社の公式サイトをご確認ください。