最新株式ニュース
2016年5月18日 フィスコ

タナベ経営---2016年3月期は増収増益で着地、2017年3月期も増収増益の計画で5期連続の増配も予定

<%%%9644%%%>  タナベ経営  1093  0
タナベ経営<%%%9644%%%>は5月13日に2016年3月期決算を発表。売上高が前の期比5.5%増の
82.97億円、営業利益が同12.3%増の8.56億円、経常利益が同9.6%増の8.86億円、当期
純利益が同84.5%増の5.82億円と増収増益で着地した。直近の会社計画に対しても、売
上高で2.47億円、営業利益で0.61億円、経常利益で0.56億円、当期純利益で0.12億円そ
れぞれ上ぶれた。
経営コンサルティング事業では、顧客最適の視点でチームを編成してコンサルティング
を行う主力のチームコンサルティング型経営協力が好調で、期中平均の経営協力契約数
が416契約と前の期から7契約増加。教育・人材育成やセミナー、「戦略ドメイン&マネ
ジメント研究会」なども順調に伸びた。セールスプロモーションコンサルティング事業
では、顧客ニーズにマッチしたコンサルティングにより、顧客基盤が拡大。大型案件の
決定なども貢献した。利益面では、増収効果に加え、IT機器を活用した業務効率化や人
的生産性の向上などが寄与し、利益率が高まった。

同時に2017年3月期の業積見通しを発表。2017年3月期は売上高が前期比2.4%増の85.00
億円、営業利益が同1.0%増の8.65億円、経常利益が同1.6%増の9.00億円、当期純利益
が同1.3%増の5.90億円と増収増益を見込む。経営コンサルティング事業では、全国の
主要都市に10拠点を構えるネットワークを活かし、地域の中堅企業への提案を強化。セ
ールスプロモーションコンサルティング事業では、プロジェクトチームによる営業活動
とサービス提案を進める考えだ。なお、1株当たり配当金については前期比1.0円増配の
39.0円と5期連続の増配を予定。