ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DHBRオンライン
RSS
「DHBRオンライン」の全記事一覧
  • リンダ・グラットン 経営思想家トップ50:第12位

    [2013年05月29日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第12位はリンダ・グラットン。

  • 全員がイノベーションの担い手になるべきか 

    [2013年05月29日]
    「いまこそ社員一丸となってイノベーションを興そう」。こんな掛け声があがるほど、企業はイノベーションを求めている。しかし、そもそも企業活動の大半は、イノベーションとは正反対の活動を求められているのではないか。その事実を確認することが重要だ。

  • 会議の成果を飛躍的に高めるには
    「パワーポイント」を使わない 

    [2013年05月29日]
    経営陣の会議を企画・運営するブレグマンは、会議をダメにする最大の要因は「パワーポイントのプレゼン」であると断じる。会議の本来の目的を取り戻し、さらに組織のタテ割りの弊害も打破する方法をご紹介する。

  • ニティン・ノーリア 経営思想家トップ50:第13位

    [2013年05月28日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第13位はニティン・ノーリア。

  • 組織の創造性を育む3つの要素 

    [2013年05月28日]
    ハーバード・ビジネススクールで経営管理論を担当するアマビールは、職場における人々の創造性、生産性、幸福度、モチベーションの向上を主な研究分野とし、「最も影響力のある経営思想家」トップ50の第18位にも選ばれている。本記事ではパロアルト研究所の黄金時代を振り返り、組織の創造性を育む要素と、それを殺す脅威を明らかにする。

  • ロバート・キャプラン
    デイビッド・ノートン 経営思想家トップ50:第14位

    [2013年05月27日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第14位はキャプランとノートン。

  • なぜ新任の上級幹部は短期間で離職してしまうのか 

    [2013年05月27日]
    米国ではこの10年、経営幹部は着任後に短期間で離職する傾向にあるという。なぜだろうか。新任のCEOや幹部が新たな組織・環境でうまくやっていくためには、「文化への適応」が最も重要になるという。

  • イノベーションを殺す4つのタイプのリーダーとは 

    [2013年05月24日]
    クリステンセンは、「イノベーションに必要な資質は後天的に育成可能である」という研究結果を明らかにした。ならばなぜ、イノベーションはこれほど成功事例が少なく困難なのだろう? クリステンセンの薫陶を受けたアンソニーが、イノベーションを潰してしまう4種類のイニシアチブを特定する。

  • ゲイリー・ハメル 経営思想家トップ50:第15位

    [2013年05月24日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第15位はゲイリー・ハメル。

  • エコの透明性は金で買えるか 

    [2013年05月24日]
    生産者による食品偽装は後を絶たない。発覚はもしかすると氷山の一角なのでは、と疑心暗鬼になる人も少なくないだろう。しかし問題は偽装行為だけでなく、評価基準そのもののあり方であるとゴールマンは主張する。エコの透明性を示す基準が、信頼性や公平性を欠くものでは意味がないということだ。

  • リンダ・A・ヒル 経営思想家トップ50:第16位

    [2013年05月23日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第16位はリンダ・A・ヒル。

  • 戦略策定のための5つの問い 

    [2013年05月23日]
    マーティンは第1回の記事「なぜCEOは戦略づくりが下手なのか」で、戦略策定では「どこで戦うか」「どのようにして勝つか」の2点が最重要事項であると述べている。今回はこれを補完する5つの問いを提示し、引き続き戦略策定のプロセスを論じる。

  • 企業変革の2つのモード(その8)
    レグ・ジョーンズの長い影 

    [2013年05月23日]
    企業変革というと、元GEのジャック・ウェルチが有名だ。しかし、その前任者、レグ・ジョーンズも大経営者であった。ジョーンズは、どんな人がトップになっても好調を維持できる会社を目指した。果たして、変革にカリスマリーダーは必要だろうか。

  • 「リサーチ・デザインの罠」 

    [2013年05月22日]
    企業や地域の強みが弱みに転じ、弱みが強みに転じていく。このような市場という場での企業活動を導くには、単にマーケティングに用いるデータや手法を増やすだけではなく、その背後にある顧客の行動や思考を読み解く解釈が重要となります。今回は、この解釈のフェイズにおいて、理論が果たす役割を振り返ってみたいと思います。

  • 挫折を味わっている人に、
    励ましより大切なものは 

    [2013年05月22日]
    失敗や挫折を味わっている人に、どう向き合い接するか――これは日常生活での対人関係を左右するだけでなく、組織でのマネジメント、イノベーション、リーダーシップにも関わる問題だ。「失敗からの学習」を促す前に、まずは相手の感情に目を向けるべきであるとブレグマンは言う。

  • セス・ゴーディン 経営思想家トップ50:第17位

    [2013年05月22日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第17位はセス・ゴーディン。

  • 日本のメーカーがもつべき
    技術力と高品質と、もう一つ 【書評】よい製品とは何か

    [2013年05月21日]
    製造業の復権が叫ばれて久しいが、そのカギは何か。とかく機能面の向上やコスト低減に議論は向かいがちだが、製造業の原点である「よい製品を生み出す」という視点を忘れていないだろうか。

  • 業界分析ではわからない、競争の本質 

    [2013年05月21日]
    マグレイスは前々回の記事「もはや業界分析は有効ではない?」のなかで、戦略策定における業界分析の重要性に疑問を投げかけている。今回はさらに考察を進め、家計に占める通信費を例に挙げて競争の本質に迫ろうとしている。

  • テレサ・アマビール 経営思想家トップ50:第18位

    [2013年05月21日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第18位はテレサ・アマビール。

  • リタ・ギュンター・マグレイス 経営思想家トップ50:第19位

    [2013年05月20日]
    「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を隔年で選出する、Thinkers50という取り組みがある。このランキングは経営思想界のアカデミー賞とも言われ、過去にはドラッカーやポーターが1位に就いている。2011年のトップ50人を、50回にわたり紹介していく。第19位はリタ・マグレイス。

ハーバード・ビジネス・レビュー
オトバンク

コンテンツワークス

知っておきたい価値ある情報 ダイヤモンド・オンラインplus