『SHIFT:イノベーションの作法』

世界的なイノベーター 初の著作!

濱口 秀司 『SHIFT:イノベーションの作法』


#08

新卒から経営者まで活用できる 極めて実践的なフレームワーク

インターネット系のサービスを数々てがけ、最近では、「アル(https://alu.jp/)」というマンガのサービスを展開中のけんすうさん(@kensuu)。『SHIFT:イノベーションの作法」について「とんでもない名著でした。経営者だけじゃなくて、現場の人でも、社内で新しいことやりたいときとかに使えそう」とツイートしてくださったので、もう少し詳しく感想を伺ってみました。

イノベーションのやり方について書かれた本は多いですが、この『SHIFT:イノベーションの作法』は、特に大企業や、既存の業界の人が使う際に、とても実践的な内容だと感じました。

まず、イノベーションの出発点で、いかに既存の思い込みやバイアスを崩すか、という点について、これほど使いやすいフレームに落とし込めている本は初めて読みました。極めて実践的で、訓練なくてもすぐ使えるものとなっている気がします。

そして、イノベーションを起こすうえで重要なのは、実行です。企画が優れていても、実行されなければ、当然意味がありません。この本には、実行前にどれくらい顧客に受け入れられるかのマーケティングを、予算をかけずにやることや、意思決定者にどのように伝えるべきか、どう意思決定してもらうべきか、という点も具体的に書かれています。

この論文集には、徹底的にイノベーションを実行するための方法が書かれています。イノベーションを起こそう、とすると、権限が大きい人がトップダウンでやらなければうまくいかない、という思い込みがある人も多いかもしれません。しかし、本書を読むと、現場の人でもイノベーションを具体的に起こせるようになると思います。

経営者だけでなく、たとえば、新卒の社員でも十分に活用できるはずです。おすすめ!

さん

けんすうさん

起業家・エンジェル投資家


世界的なイノベーター 初の著作!

世界的なイノベーター 初の著作! 濱口 秀司 『SHIFT:イノベーションの作法』

世界で活躍するビジネスデザイナー初の著作!

濱口 秀司 『SHIFT:イノベーションの作法』

あらゆる角度でビジネスにインパクトを生み出したい皆さんの基礎となる必携の1冊です!