特設 新型コロナウイルス

記事一覧

住宅地の地価31年ぶり上昇、需要増だけではない「意外な理由」とは?エリア格差も拡大

住宅地の地価31年ぶり上昇、需要増だけではない「意外な理由」とは?エリア格差も拡大

ダイヤモンド編集部,大根田康介
土地売買の目安となる基準地価において、住宅地の全国平均がバブルが崩壊した1991年以来、31年ぶりに上…
日本電産・島津・オムロン首脳が集う「京都31社会」の正体、三菱UFJ銀が祇園のお茶屋で主催

日本電産・島津・オムロン首脳が集う「京都31社会」の正体、三菱UFJ銀が祇園のお茶屋で主催

ダイヤモンド編集部,浅島亮子
毎年12月、京都の花街・祇園甲部にある最高級お茶屋「一力亭」では、京都の有力企業経営者が一堂に会する秘…
アサヒとダイドーの業務提携で号砲、中堅飲料メーカーの「自販機撤退戦」始まる

アサヒとダイドーの業務提携で号砲、中堅飲料メーカーの「自販機撤退戦」始まる

ダイヤモンド編集部,山本興陽
アサヒ飲料とダイドードリンコが自動販売機事業で提携し、自販機の運営を一部統合すると発表した。しかし両社…
ハーバード大教授が日本の管理職に伝えたい、昭和の価値観を一新せよ

ハーバード大教授が日本の管理職に伝えたい、昭和の価値観を一新せよ

佐藤智恵
ハーバード大学で働き方研究が推進される中、一部の日本企業の働き方は高齢化社会の先行指標として研究対象に…
ソニーとパナソニックは増収でも「シャープ独り負け」、その要因とは?

ソニーとパナソニックは増収でも「シャープ独り負け」、その要因とは?

ダイヤモンド・アナリティクスチーム,宝金奏恵
コロナ禍だけでなく、円安や資材高の影響も相まって、多くの業界や企業のビジネスは混乱状態にある。その状況…
中外製薬は増収率が急失速、アステラスは2桁増収でV字回復…異変の要因は?

中外製薬は増収率が急失速、アステラスは2桁増収でV字回復…異変の要因は?

ダイヤモンド・アナリティクスチーム,濵口翔太郎
コロナ禍だけでなく、円安や資材高の影響も相まって、多くの業界や企業のビジネスは混乱状態にある。その状況…
エリザベス女王にゴルバチョフ氏、東西指導者の死去が象徴する「歴史の転換点」

エリザベス女王にゴルバチョフ氏、東西指導者の死去が象徴する「歴史の転換点」

末澤豪謙
エリザベス女王や冷戦を終わらせたゴルバチョフ旧ソ連共産党書記長が亡くなった。一方次の世界の覇権を意識す…
岸田政権は「異次元緩和の迷走」からの脱却が宿命、アベノミクスの功罪を総括

岸田政権は「異次元緩和の迷走」からの脱却が宿命、アベノミクスの功罪を総括

杉山修司
アベノミクスの功罪を市場関係者の視点で振り返ると、功績は、当時日本企業が抱えていた6重苦からの脱却、多…
中国で「我々は最後の世代だ」が流行語に、結婚・出産に絶望する若者が急増

中国で「我々は最後の世代だ」が流行語に、結婚・出産に絶望する若者が急増

王 青
かつて人口急増を抑制するために「一人っ子政策」を実施していた中国。しかし急速な少子化は急速な高齢化をも…
中国に「一帯一路2.0」構想、問題噴出で方針転換

中国に「一帯一路2.0」構想、問題噴出で方針転換

The Wall Street Journal
中国が巨大経済圏構想「一帯一路」の見直しに着手。債務国の返済が行き詰まっており、軌道修正を余儀なくされ…
「裏アカ」問題で学生が肝に銘じるべき、就活の情報リテラシーとは

「裏アカ」問題で学生が肝に銘じるべき、就活の情報リテラシーとは

福重敦士
2023年卒の学生の就活は終盤に入った。すでに24年卒の夏のインターンシップが開催され、参加した就活生…
これからのM&A成否の鍵は「部分最適」からの進化にある

これからのM&A成否の鍵は「部分最適」からの進化にある

坪井孝太
成約金額で50億~数百億円以上といった中規模以上のM&Aの現場では専門化と細分化が進んでいる。買収の各…
コロナの後遺症、8人に1人は数カ月持続

コロナの後遺症、8人に1人は数カ月持続

井手ゆきえ
オミクロン変異/亜型の大流行で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症の増加が懸念されて…
「筑波大附属中」が入試改革に踏み切った理由とは

「筑波大附属中」が入試改革に踏み切った理由とは

ダイヤモンド社教育情報,森上教育研究所
日本最初の付属校、それが筑波大学附属である。創立から134年、今も昔も、日本の中等教育の研究校として、…
40年以上前の名著から読み解く日本人の「健忘症と楽天主義」とは

40年以上前の名著から読み解く日本人の「健忘症と楽天主義」とは

小室直樹
1976年の初版版発刊以来、日本社会学の教科書として多くの読者に愛されていた小室直樹氏による『危機の構…
信越化学が5割超の増収、旭化成・三菱ケミカル…化学5社そろって2桁増収

信越化学が5割超の増収、旭化成・三菱ケミカル…化学5社そろって2桁増収

ダイヤモンド・アナリティクスチーム,宝金奏恵
コロナ禍だけでなく、円安や資材高の影響も相まって、多くの業界や企業のビジネスは混乱状態にある。その状況…
為替介入がむしろ「投機筋の円売り」を助長、ドル円は150円台へ逆行か

為替介入がむしろ「投機筋の円売り」を助長、ドル円は150円台へ逆行か

佐々木 融
急速な円安を受けて財務省は先週、約24年ぶりに円買いの為替介入に踏み切った。だが、JPモルガン・チェー…
ハーバード大で「日本企業の高齢者雇用」が先端研究テーマになる理由

ハーバード大で「日本企業の高齢者雇用」が先端研究テーマになる理由

佐藤智恵
日本では「働き方改革」の必要性が叫ばれて久しいが、今、ハーバード大学では本腰を入れて働き方研究を推進し…
「中国の経済成長神話は崩壊しつつある」と断言できるこれだけの理由

「中国の経済成長神話は崩壊しつつある」と断言できるこれだけの理由

真壁昭夫
習近平主席は、台湾侵攻のチャンスをうかがっているようにも見える。それは地政学的リスクを高める要因だ。海…
SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2022、機械・金属/電機・電子業界編【完全版】

SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2022、機械・金属/電機・電子業界編【完全版】

ブランド総合研究所,ダイヤモンド社 ヴァーティカルメディア編集部,西嶋治美
今や企業の活動で最も注目されるのは、SDGsへの取り組み方だ。一般消費者への調査を基に「SDGsへの取…
新着 特集 書籍 週刊ダイヤ 人気順