多様な人財の活躍を促す
2つの施策

味の素  理事 グローバル人事部長
髙倉千春  Chiharu Takakura

 少子化による国内市場の縮小を受け、弊社は海外でのビジネスの拡大に注力してきました。その結果、海外市場の売り上げは全体の5割超に達し、全社員3万4000人のうち、外国人が7割を占めるまでになっています。

 そうした多様な人財の活躍をいっそう促すため、2つの施策を実施しています。一つは、ASV(Ajinomoto Group Shared Value)の浸透・徹底です。弊社の製品によってどんな社会価値と経済価値を創造していくのか。そのストーリーを、全世界の従業員一人ひとりが考えていく。

 もう一つは、グローバル人財マネジメントプラットフォームの導入です。将来の戦略を担う職務要件を起点にした「ポジションマネジメント」と優秀な人財をグローバルに発掘・登用する「タレントマネジメント」の両輪により、グローバルな適財適所を推進しています。

 事業環境の変化に対応すべく、経営人財に求めるリーダーシップ要件の再定義も行いました。とりわけ重視しているのは「戦略的思考」「判断の質」「曖昧性・複雑性への対応」です。グローバルリーダー研修においても、将来を見通す洞察力を備え、自分らしいリーダーシップを発揮できる経営人財の育成に力を入れています。


  1. ●構成・まとめ|金田俢宏  ●撮影|阪巻正志

  2.  
  3.