キャリア開発の機会に不均等があってはならない

 求職者のインタビューやマッチングは、人財サービス会社におけるコア業務ですよね。企業の業績に直結するコア業務を障がいのある人に委ねるという前例のない取り組みに対して、社内からの反対意見はなかったのでしょうか。

 正直、開始する前は不安視する意見がありました。それでもあえてチャレンジしたのは、キャリアアップの機会は誰でも等しく得られるべきというこだわりです。同じ職場で働いていながら、キャリア開発において派遣社員は正社員とは明確な線引きがなされます。だからといって、派遣社員にキャリア開発は不要というわけではないという考えの下、「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる。」というビジョンを掲げ、私たちはさまざまなサポートプログラムを開発してきました。同様に、健常者と障がい者の間に機会の不均等があってはなりません。障がいの有無に関わらず、誰もがやりがいのある仕事にチャレンジできるようにならなければなりません。アデコビジネスサポートにおける取り組みは、その意志に基づいたものです。

 このチャレンジから得られた知見やノウハウは、今後ビジネスにどのように生かされそうですか。

 

 一つは、高いNPSを得るに至るベストプラティクスの共有です。アデコビジネスサポートの社員によるインタビュー内容は全て録音されています。それを全社的な研修材料にして、NPSを高めるためのコミュニケーション力を培う仕組みを作りたいと考えています。

 もう一つは、バックオフィス業務をやってきた障がいのある社員がインタビュー業務に携わったり、インタビューをやっている障がいのある社員がマッチング業務へのスキルアップを目指したりするチャレンジを積極的に後押ししていくことです。そうやって、障がいのある社員がどんどんフロント業務を担うことが、アデコ全体の求職者満足度の向上につながると考えています。

 障がい者を「戦力」として捉え、その力を自社の競争優位性にするということですね。そのノウハウを他社に提供していく可能性もあるのでしょうか。

 大いにあると思います。障がいのある人たちのポテンシャルを引き出すには、トレーニングが必要であり、特別な配慮が求められます。アデコビジネスサポートでは、プロのトレーナーがその役割を担っています。これまでの取り組みの中で、トレーニングやマネジメントのさまざまなノウハウを蓄積していますし、どのようなタイプの人が、どのような職種でより力を発揮できるのかといった知見も得られています。それらは、私たちのクライアント企業が障がい者雇用のモデルを作る際に、必ず役立つはずです。

 さらに、私たちのサービスの一つであるアウトソーシングの一部を障がいのある社員が担うなど、障がい者の力をさらに戦力化していくことにも今後は取り組んでいきたいと思います。障がい者が活躍できる場は、まだまだたくさんある。そう考えています。


  1. ●聞き手|音なぎ省一郎

 

 

   ディーセントワークとは「働きがいのある人間らしい仕事」という意味で、国際労働機関(ILO)によれば「仕事は、権利、社会保障、社会対話が確保されており、自由と平等が保障され、働く人々の生活が安定する、すなわち、人間としての尊厳を保てる生産的な仕事」とされています。

 

 この連載では、心身にハンデを持つ人たちが、それぞれのディーセントワークを見つけることにストレスのない社会づくりを目ざし、それを仕組みとして実現するためのポジティブなアイデアを紹介していきます。

  1.  
  2.