*前編はこちら

「不便益」とは何か
どのような効用があるのか

 わざ言語は典型例の一つですが、「不便益」という考え方を推奨されています。

 不便益とは、文字通り「不便だからこそ得られる価値や効用」のことです。

 ご承知の通り、手間暇を減らし、便利を追求するために一番安直な方法は「自動化」です。自動化が難しければ、高機能化や効率化が望ましいと考えられてきました。ちなみに、辞書によれば、便利とは「思い通りになること」だそうです。

 しかし、人工システム単体を自動化、高機能化、効率化したからといって、必ずしも人間を含めた系(システム)がよくなるとは限らない、という考え方があります。その一方で、「ならばどのようなシステムをデザインすればよいのか」「自動化や効率化以外に、何を指針にすればよいのか」と問われると、答えに窮してしまいます。

 私の大学時代の指導教授は片井修というのですが、1990年代でしょうか、いきなり「これからは不便益だ」と言い出したのです。これを聞いて私は、思い切って自動化や効率化の対極にある「不便」なものを調べて、便利を追求してきたがゆえに見落とされてしまった「本当は大切なこと」を掘り起こしてみようと考えました。以来、AIの研究の道からどんどん逸れていき、いまでは不便益システム研究所なるものを立ち上げ、その代表を務めています。
 では、不便益の例をいくつかご紹介したいと思います。

 豊橋技術科学大学の岡田美智男先生は、社会性を備えたロボットを研究されていますが、機能の足し算ではなく引き算の発想から、人間に頼って一緒に協働しないとタスクを完遂できない「弱いロボット」を設計しています。そこには、不便から何らかの価値やヒントを生み出そうという意図がうかがわれます。

 また、間違った漢字を混入させて漢字形式記憶を強化させるワープロ、微少遅延聴覚フィードバックによって違和感を与えて演奏を上達させるドラム練習システムなども同様です。実際、こうした「妨害による支援」、すなわち妨害要素、不用物や不自然さや不自由さなどのネガティブファクターを活用して、人々の日常的な知的活動を支援する技術に関する研究開発が行われています。

 ビジネスの世界でいえば、セル生産方式や一人生産方式が当てはまります。ベルトコンベアを利用するライン生産方式と比べると、作業の数が多く、それゆえ工具や技術、段取りなど覚えなければならないことも増えていきますから、面倒つまり不便です。ですが、部分と全体の関係を理解できるホリスティックな視点、チームとしての一体感や責任感をはじめ、ライン生産方式よりも時間とコストが圧縮される場合があり、1人当たり労働生産性も高まるという益があることが報告されています。

 また、多くの人たちに共通する経験でいえば、電子辞書ではなく紙の辞書を使うことにも不便益があります。紙の辞書を使うことには、そこには「習熟を許す」という益があります。習熟は飽和しません。なお、「不便の効用を活用しよう」というスローガンは、いまより不便だった昔の生活を懐かしむ懐古主義や自然回帰の運動とは異なります。

 京都大学から広まった「ビブリオバトル」という知的書評合戦をご存じですか。これが大人気で、大学や図書館でさかんに開かれてします。本好きの人は自分の書評を発表したくなるようで、ブログやSNSが発達したおかげで、こうした傾向に拍車がかかり、たくさんの人たちが思い思いの書評をネット上に公開しています。

 ビブリオバトルでは、参加者たちが、読んでみて面白いと思った本を持ち寄り、持ち時間5分間でお気に入りの本を紹介します。そのプレゼンテーション後、参加者全員で短いディスカッションを行います。すべての発表が終わった後、1人1票で「どの本が最も読みたくなったか」を決める投票が行われ、最も票を集めた本が「チャンプ本」として認定されます。

 これにも不便益があります。ネット書評はいつでもどこでも書ける、あるいは読めるという手軽さや気楽さがありますが、ビブリオバトルの場合、複数の人たちが同じ時間、同じ場所に集まらなければなりません。

 また、通常の言いたいことを自由勝手に書きつづる書評と違って、5分間という限られた制約の中で、いかに他の人たちの共感や賛同を得られるか、頭を使わなければなりません。しかし、ここで紹介された本、特にチャンプ本は参加者の頭に残るはずですし、次なる読書への動機付けにもなります。

 視覚と聴覚の両方を使ったほうが脳はより刺激され、記憶に残りやすいそうです。このビブリオバトルの不便益は、ハッカソンやアイデアソン、セミナーや勉強会といったリアルイベント、あるいは最近流行りのオープンイノベーションにも共通します。

 たしかにそうですね。わざわざ出かけるという不便さをより強く打ち出すことで、ビジネスとして成功させている例があります。星野リゾートが2009年にオープンした「星のや京都」は嵐山にあり、陸路ではアクセスできない場所に建てられています。では、どうやって行くのかというと、ちょっと離れたところに桟橋があって、そこから小舟に乗っていくのです。

 同じような例は世界各地にありますが、アクセスの難しさという不便をあえて導入することで、隠れ家や秘境のような特別な場所を演出し、好奇心や非日常感をくすぐっているわけです。

 不便益についてより理解を深めていただくために、「便利/不便」を横軸に、「益/害」を縦軸に取ったマトリックスをつくりました(図表「2次元で考える」を参照)。

 (1)便利益:便利がもたらす益。一般に、便利と益は同一視されてきた。
 (2)不便益:不便がもたらす益。うまく活用すれば、深い思考へと導かれていく。なぜなら、不便とは「思考できる余地がある」ことを意味しているから。
 (3)不便害:不便がもたらす害。改善やイノベーション、新規事業のシーズやトリガーになる可能性がある。
 (4)便利害:便利がもたらす害。手間がかからず頭も使わなくてよいという便利さがむしろ害をもたらす。便利に甘んじていると、知らずしらずのうちに浅い思考へと流れていくことなど。

 

 星のや京都の例は、不便害(左下)を不便益(左上)に転換させたものといえます。

 また、便利益を不便益に変えた例もあります。京都大学生協の定番土産となった「素数ものさし」がまさにそうです。これは、2012年の京都大学サマーデザインスクールで実施したワークショップから生まれたもので、目盛りが素数のところ、つまり2、3、5、7、9、11、13、17しかありません。一見素数しか測れないようになっていますが、たとえば1=3‐2、4=7‐3といったように、素数の差を用いて測定することができます。

「物差しをかざせば長さが測れるというのは便利すぎるのではないか」という問題意識から、「測る時には計算しなければならないようにすれば不便になる」と考えて、目盛りを素数だけにしたのです。

 この素数ものさしの不便益は、測定する時は素数を組み合わせて考えなければならないという一種のパズル性であり、「もしかしたらあらゆる自然数は素数の差で表現できるのはないか」という数への好奇心です。

 便利害を不便益に転換させた例はありませんか。

 バリアフリーではなく、あえてバリアを設ける「バリアアリー」(バリアあり)を実践している「夢のみずうみ村」という社会福祉法人をご存じですか。山口県などに、高齢者向けのデイサービスセンターを複数運営しています。

 夢のみずうみ村では、段差や階段、坂道など、ちょっとしたバリアをあえて各所に設けています。なぜなら、段差がなく手すりが完備されている安全なバリアフリーの環境は、高齢者がみずから頑張って体を動かすチャンスを奪ってしまい、かえって身体能力を衰えさせてしまうからです。この場合、バリアフリーは便利害であり、バリアアリーは不便益というわけです。

 また、大阪府池田市に「むつみ庵」というグループホームがあります。グループホームとは、病気や障害によって自力で生活する能力が衰えた高齢者が、専門スタッフのサポートを受けながら共同生活する介護福祉施設の一形態です。このむつみ庵では、昔ながらの古民家、つまりバリアアリーの住居を利用しています。

 認知症の中核症状は生理的なものであるため、進行を止めることは難しいですが、むつみ庵では、中核症状に伴う周辺症状、たとえば妄想や徘徊などがあまり起こらないばかりか、生活能力の低下も緩やかだそうです。

 便利害は、有形無形を問わず、既存の人工システムの多くで生じているのではないでしょうか。たとえば、日本企業の人事制度は、農村から供給される未熟な労働者に統制を与え、管理するにはまさに便利なものでした。ところが、個を尊重し、人間性や多様性が重視される時代にあっては、会社にすればいまだ便利かもしれないけれども、従業員には不便であり、まさしく便利害が生じています。

 便利か不便かは、状況や受益者に依存します。つまり、同じものでも、目的やタスクによって便利と不便が反転するわけです。

 組織の人事制度のことはよく知らないのですが、似たような話で言うと、法制度でも為政者や統治者、権力者にとって都合よく設計されている国があると聞きます。その支配なり管理なりを受ける人たちにすれば──管理されたほうが楽だという人もいるかもしれません──あまり愉快ではないでしょう。また、時代が変われば、正義や価値観も変わりますから、当然便利だったものが不便なものに変わるのは必然です。

 ただし、不便益をデザイン論に展開する時、「あなたの不便が私の益」はご法度です。不便を被るのは受益者本人でなければなりません。ですから、先ほどの「管理者の便利が従業員の害」は、不便益の文脈では「つくってはならない状態」になります。

 私は以前AIを研究していましたが、第2次ブームの頃から、ニューラルネットワークに基づくAIにも便利害と呼べるものが指摘されています。「ブラックボックス」です。ブラックボックスのわかりやすい弊害の一つは、「何だか知らないがうまくやってくれる」AIを信じるしかなく、故障した時、手の施しようがないことです。

 また、システムや仕組み、最近だとプラットフォームでしょうか。こういう類のものに乗っかると、スピーディで効率的で、しかも便利です。しかし、ひとたびそこからはみ出そうとすると、とんでもなく面倒で時間がかかるようにできているものです。

不便益から得られる
8種類の効用

 不便益がもたらす効用を8つに分類されています。

 先ほどビブリオバトルについて説明した際、不便益は動機付けにも役立つと申し上げましたが、これは第1の効用である「主体性が持てる」に相当します。自分事として考える、取り組むことも同様です。

 2つ目は「工夫できる」ことです。車の変速機はマニュアルよりオートマのほうが便利ですが、工夫や試行錯誤を繰り返しながら運転技術が向上するという意味では、操作が多くて不便なマニュアルに軍配が上がります。

 その工夫の前段階として、「発見できる」ことも不便益の効用の一つです。先ほど、紙の辞書についてはお話ししましたが、電子辞書に比べて重たいし、調べる時間もかかります。ですが、皆さん、調べようとした単語とは違う単語を見つけたり、電子辞書に書かれている以上の情報に遭遇したりしたことが少なからずあるはずです。

 もしもドラえもんの「どこでもドア」が実現したら、それは究極の移動手段でしょう。移動時間が短縮すればするほど便利ですが、その一方で、移動の途中に認知されるものは減っていきます。のんびり歩く小旅行が人気になっているのは、手軽さや健康増進だけでなく、何か発見できるかもしれないという期待があるからではないでしょうか。

 4つ目は「対象が理解できる」ことです。紙の辞書のほうが、物理空間上の広がりという基盤の上に、高い一覧性を備えています。また英語の場合、語尾の変化で品詞の種類が変わる傾向がありますから、単語の配置からそうした変化も一目瞭然です。

 対象が理解できると、第5の効用「安心・信頼できる」が得られます。たとえば、自動車のリモコンキーは、鍵穴に挿してひねる方式より便利ですが、その場合、ハザードランプが光っても、本当にロックされているという保証はありません。ランプが誤作動している可能性があるからです。一方で、挿してひねる方式だと、自分の指先にその反作用が残りますし、ドアから返ってくる機械の作動音や手応えはドアがロックされたことを伝えてくれます。

 6つ目の効用として、「上達(習熟)できる」ことが挙げられます。マニュアル車とオートマ車を比べたら、運転技術の限界というものはなく、上達の伸び代が大きい。マニュアル車の場合、運転技術の限界というものはありません。また、多くの家電製品は、料理の手間暇を減らし、料理の仕上がりも一定水準を保証してくれましたが、料理そのものの手腕を上げてくれるわけではありません。

 7つ目は「私だけ感」が得られることです。マニュアル車の場合、車の癖みたいなものがわかってきたり、あるいは自分の運転の癖がついたりすることで「自分だけの車」といったパーソナル化や愛着が生まれてきやすい。同じく、紙の辞書は使い込めば使い込むほど、自分と辞書との歴史の証ともいえるクタクタ感が増していくものです。

 最後の効用は「能力低下を防ぐ」ことです。先ほどお話しした、意図的に段差や階段を住環境に取り入れるバリアアリーは、身体能力が低下する速度を緩めてくれます。そもそも多くの便利は、人間の能力を代替するものです。ですから、便利に背を向けることで、能力の喪失や低下を防止できるのです。

現代の“神”を疑う

 遊びのない窮屈なシステムの危うさ、あえて余白や余地を残した思考やデザインの重要性についても訴えられています。

 おそらく数字では表現できないでしょうが、適度の「余白」とか「余地」の存在は非常に重要です。私と一緒に不便益を研究している人がいて、彼は自動運転の専門家なのですが、「ユーザーに工夫する余地がなければならない。だからこそ不便益が必要である」と声高に主張しています。

 その一方で、自動と手動が混在すると、事故の発生要因になるかもしれません。すると、いきおい手動運転が禁止される可能性すらあります。「運転しなくてよい」が「運転してはならない」と言われる日が来る、と。それは嫌ですね。実際、便利志向、自動化機能を備えた製品の多くは、「しなくてよい」が、いつの間にか「させてくれない」に遷移しています。

 そのような時代にあって、人間は機械やAIと、どのように折り合いをつけていけばいいのでしょうか。

 私たちの世界を支配している絶対的なルールというものがあります。「物理現象」です。物同士は自分の重さに比例した力で引っ張り合っているという万有引力の法則がまさにそれで、言わば「物との約束」です。これは自然界において絶対に裏切らないものであり、だから物理すなわち「物の理(ことわり)」と呼ばれるのでしょう。

 その一方で、人為的な力や思惑が混入する「人との約束」があります。安全や品質、あらゆる人間関係、ビジネス、組織や国家、機械やAIなど、あらゆる人工物はすべて人との約束で成り立っています。それは物との約束と違って確固不抜ではなく、場合によってはいとも簡単に破られるものです。言い換えれば、人との約束は「破られるか破られないか以前に信じるしかない」約束です。

 こうした人との約束を鵜呑みにするとは、どこかで思考を合理化しているわけで、思考を深める機会を逸しているのです。デジタル技術がどんどん賢くなり、人との約束の比重が大きくなると、たとえば故障やトラブルのように、それは約束が破られた時のダメージも大きいでしょう。また、クラウドコンピューティングが当たり前になりましたが、そこに記録されているものは触ることも確認することもできません。実体が目に見えないのです。「そこにちゃんとあります」という人との約束を信じるしかない。

 人間は楽を覚えると、次からも楽を選んでしまいがちです。そこで、便利や効率性といった現代の“神”を無条件にあがめることを慎み、立ち止まって思考をめぐらし、人との約束を疑ってみることが必要です。常識とされていることにあらためて目を向けるのは至極まっとうな思考法であり、深く考えることの価値を知るからこそ、なせる業といえるでしょう。


  1. ●聞き手|岩崎卓也(ダイヤモンドクォータリー編集部) ●構成・まとめ|荻野進介、岩崎卓也
  2. ●撮影|大島拓也 ●イラスト|ネモト円筆