ITの進展で増える一方のさまざまなデータをどう理解し、どう利用するかは大きな課題となっているが、地図上にデータを落として可視化してみることで、数値や文字ではわからない現実が見えてくることがある。位置・空間情報を持った情報をひも付けて解析するGIS(地理情報システム)大手のパスコに、その可能性を聞いた。

阪神・淡路大震災が契機で
注目を集めるようになったGIS

 航空測量事業者として1953年に創業したパスコは、現在、GISのリーディングカンパニーとして、国内外にサービスを提供している。

「創業から40年ほどはアナログの地図をつくってきましたが、20年ほど前からデジタルにシフトしています。GISの日本での普及は、1995年の阪神・淡路大震災がきっかけです。紙の地図が全滅した自治体もあり、土地やインフラ管理の地図はデジタル化が有効だという認識が広まりました」と、高山俊・取締役事業推進本部長は説明する。

 そのため、防災やインフラ・施設管理はGISの重要な用途の一つとなっている。パスコでは、官庁・自治体の防災支援に加え、民間向けには、潜在リスク評価から異常気象時の災害予測、被災状況把握や事業継続までをサポートする災害リスク情報サービスを提供している。

 地図自体のデジタル化に加え、それに組み合わせるデータも、近年は各種統計や調査結果など、多くの情報が利用可能になり、GISの可能性は大きく広がってきている。

 

図表1 GISでの地理情報の重ね合わせ 災害リスク情報サービス「DR-Info®」における情報の重ね合わせイメージ。多くの情報を地図上に重ね合わせて可視化・分析できるのがGISの最大のメリットだ。
*「DR-Info」はパスコの登録商標です。

任意の日時の人口データや
配送車両の走行状況把握も

 GIS活用方法の代表ともいえるのが、エリアマーケティングである。パスコのサービスでは、人口や年齢構成、消費支出額など多くの統計データを地図上に色分け表示したり、特定の場所からの商圏を推計するなど、さまざまな方法で地域を分析できる。企業が持っている顧客データを読み込むことも可能だ。

 橘克憲・システム事業部長は、その利用例をこう説明する。

「店舗の立地検討だけでなく、自店舗への行きやすさや競合店との位置関係から意外な商圏を発見したり、地域の年齢構成や収入から購買ポテンシャルがある商品を分析したりできます。折り込みチラシやポスティングのターゲットを選定していく判断に使っていただいています」

 驚くのは、任意の日時の人口データを取得するサービス。NTTドコモの携帯電話基地局データをもとに、エリアごとの人口、性別・年代別人口、居住地別人口、国別訪日外国人数を、1時間単位で把握できる「モバイル空間統計®」のデータをGISで利用可能にしているのだ。

*「モバイル空間統計」はNTTドコモの登録商標です。

「モバイル空間統計」では、特定の地域への流入人口までわかる(図は東京・町田駅周辺への平日14〜17時の流入。赤→黄の順に多い)。

「自社の顧客データはポイントカードなどで集められますが、このサービスなら、競合店の客層や商圏までわかります」(橘事業部長)

 GISの活用法として、いま、最も伸びているのがロジスティクスだ。地理情報に加えて、交通規制や渋滞履歴などの道路に関する各種情報も利用し、AI技術を活用して物流拠点の最適化から配送管理・配送コース作成までを行い、物流の効率化を支援する。

 配送車にGPS端末を搭載し、それぞれの車両がいま、どこを走っていて、何時に目的地に着くかを予測する動態管理も可能になっている。

ロジスティクス支援サービス「PASCO LocationService」では、各配送車の位置(車に赤地でドライバー名表示)や状況(左リスト)が一目瞭然に。

ビル側面まで撮れる航空撮影
車を走らせて道路を3次元測量

 デジタル化された地図のつくり方も進歩を続けている。航空機による測量では、カメラを5台並べて、真下だけでなく斜め方向も同時に撮影し、写真に基づいた3次元空間情報を自動的に作成できるようになった。

「都市計画や災害シミュレーションに加え、見たいところからの景観が得られますので、高層マンションの特定の階からの眺望を確認するといった景観シミュレーションにも利用されています」(橘事業部長)

 自動車にレーザー計測器とカメラを搭載し、走るだけで道路および周辺の3次元計測ができるMMS(モービルマッピングシステム)による3次元道路地図も作成が進んでいる。現在は道路管理が主な用途だが、周囲の状況を把握する車載センサー技術と並んで、自動車の自動運転の実現にも欠かせない技術だ。

 また、土木工事の現場では、ドローン(無人航空機)による航空測量が導入され、建設機械のICT化と相まって、3次元測量データと設計図をもとに、建設機械が半ば自動的に土地造成を進める時代が始まろうとしている。

 今後も、SNSを利用したユーザー分析やIoT(モノのインターネット)の普及によって、得られる情報は増える一方だ。これらのデータを現実の世界に結び付ける方法として、GISが必要となる場はますます増えていきそうだ。

航空測量・撮影データから自動的に作成された3次元の都市景観。 見たい角度からの景観を自由に作成できる。

●取材・文|稲田敏貴(ダイヤモンドクォータリー編集部)


*【CASE5:竹中工務店】はこちら