2020年東京五輪に向けて急速に広がりそうなのがスポーツのデータ解析だ。「チーム・選手強化のため」、そして「観戦を楽しむため」の2方向で活用が進んでいるが、今後どのような進化を遂げるのか。スポーツデータ解析・配信における日本の先駆者、データスタジアムを取材した。

リアルタイムデータで
試合を完全にトラッキング

 データスタジアムは、スポーツの試合データをリアルタイムに収集し、コンテンツとして提供する企業だ。スポーツ団体・チーム向けのデータ分析・強化ソリューション提供と、メディア(視聴者)向けのデータを活用したコンテンツ配信の2つが主な事業。なかでも野球とサッカーが中心となっている。

 Jリーグ、 Jリーグメディアプロモーションとともに、J1全試合の「トラッキングデータ」を取得。これは、専用のカメラとソフトウェアを用いてピッチ上の選手、審判、ボールの動きを追尾してデータ化したものだ。

 「いままで感覚でとらえていた、選手の走行距離やスピード、ポジショニング、ボールの速度などを捕捉できるようになりました。そのコンテンツをチームの強化や戦術立案向けに、またスタジアムの観客、テレビやウェブメディアの視聴者向けに提供しています」(加藤善彦データスタジアム代表取締役社長、以下同)。

「データフープ」という名のバスケットボール分析ソフトの画面。選手のコート上の座標とプレーを入力し、分析する際にはそのプレーから瞬時にゲームの映像シーンを呼び出すことができる。

チーム強化のために
練習のデータも収集する

 チーム強化のためには、試合中のデータ収集と分析だけでは不完全だ。むしろ、練習中のデータを収集し、パフォーマンスの向上を確認していく必要がある。

「練習中のデータを望む声は増えています。また、個々の選手の心拍数や血圧などメディカルデータも一緒に収集してほしいという要望もあり、すでにいくつかのベンダーとの話し合いが始まっています」

 練習ではパフォーマンスがいいが試合で力を発揮できない選手の動きのデータを取ることで、練習と試合では何が違うのかを知り、対処法をアドバイスできる。また、試合で優れた結果を出すための練習メニューの検討にも、データは役に立つ。

 こうした取り組みは、日本では野球、サッカーがリードしているが、世界ではテニス、ラグビー、バスケットボールなどの競技などでも欠かせないものとなっている。そして球技以外の柔道や体操などでも、データの活用は急速に進んでいる。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックは、「データ戦」もメダルを左右する要因になりそうだ。

リビングのスタジアム化と
スタジアムのリビング化

 一方、視聴者や観客向けのデータ活用では「リビングのスタジアム化」と「スタジアムのリビング化」が進められている。

 リビングのスタジアム化とは、リビングに居ながら、競技会場で観戦しているような臨場感を味わえるコンテンツを提供すること。たとえば、「ゴーグル型端末を利用するVR(仮想現実)の技術を用いた中継+データ配信」など、スポーツ番組のリッチ化が進みそうだ。東京五輪では世界が驚くようなデジタルスポーツ中継が実現するかもしれない。

 他方、スタジアムのリビング化とは、競技会場で観戦している人に、スマホへの配信や電光掲示板によって、自宅でテレビ中継を見ている人と同じような情報を提供することだ。
 「スタジアムでは躍動感や迫力を味わえますが、情報量は少ない。選手やボールの動きをリプレイやデータで補うことが必要です。代表例の一つが、JリーグとNTTグループによる『NACK5スタジアム大宮』のスマートスタジアム化で、我々もコンテンツを提供しています」
 
 同スタジアムでは、公式スマホアプリ経由による来場者限定サービスを導入。具体的には、①試合中継映像、②オリジナル応援番組、③特定の選手を常時フォーカスした「選手追っかけ映像」――の3つを配信する。ゴールシーンなど、映像の一部は、球場内のデジタルサイネージでも視聴できる。

 また、同社は試合映像にタグ付けをする「メタデータ」のノウハウにも長けている。たとえば、ソフトバンクが提供する野球のライブ配信「スポナビライブ」アプリ向けにメタデータ(得点時、イニング開始時、好・珍プレイ時の時間情報)を配信。生中継中の試合も主要なシーンをスマホでプレーバックできる。これからの時代、スタジアムに多くのファンを満足させるにはこうした仕掛けが必須となるだろう。

 

デジタル技術には
人間力が不可欠

 同社が次のテーマとして掲げるのは、膨大なデータをもとにした「プレー、パフォーマンス予測」だ。「蓄積したデータをもとにした予測とリアルの結果がどう違ったのかといった楽しみ方も提案できます」

 ただ、同じデータでもプレーの解釈やデータの切り取り方、付加価値のつくり方等によってコンテンツのクオリティが大きく変わってくる。

「デジタルの世界では、技術で一度は他をリードしてもすぐに追いつかれてしまいます。ですから、常に裏側には人間力が不可欠。当社では、社員研修でも本質を見抜く洞察力の向上に努めています」と言う。「デジタル+アナログ力」の進化が競技者をより強く、観戦をより楽しくすることになりそうだ。


●取材・文|河合起季  ●撮影|宇佐美利明


*【CASE4:パスコ】はこちら