統計学が最強の学問である

データ社会を生き抜くための武器と教養

西内啓 著

統計学はどのような議論や理屈も関係なく、一定数のデータさえあれば最適な回答が出せる。そうした効能により旧来から自然科学で活用されてきたが、近年ではITの発達と結びつき、あらゆる学問、ビジネスへの影響力を強めている。こうした点から本書では統計学を「最強の学問」と位置付け、その魅力と可能性を伝えていく。

全32回予定 公開期間:2020.5.31まで

No.1

ブックを開く

第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか? P.1~P.7

2019.6.27

No.2

ブックを開く

第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか? P.8~P.15

2019.6.29

No.3

ブックを開く

第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか? P.16~P.23

2019.7.1

No.4

ブックを開く

第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか?  P.24~P.34

2019.7.3

No.5

ブックを開く

第2章 サンプリングが情報コストを激減させる P.35~P.40

2019.7.5

No.6

ブックを開く

第2章 サンプリングが情報コストを激減させる P.41~P.47

2019.7.7

No.7

ブックを開く

第2章 サンプリングが情報コストを激減させる P.48~P.56

2019.7.9

No.8

ブックを開く

第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである P.57~P.64

2019.7.11

No.9

ブックを開く

第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである P.65~P.71

2019.7.13

No.10

ブックを開く

第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである P.72~P.78

2019.7.15

No.11

ブックを開く

第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである P.79~P.85

2019.7.17

No.12

ブックを開く

第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである P.86~P.91

2019.7.19

No.13

ブックを開く

第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである P.92~P.98

2019.7.21

No.14

ブックを開く

第4章 「ランダム化」という最強の武器 P.99~P.109

2019.7.23

No.15

ブックを開く

第4章 「ランダム化」という最強の武器 P.110~P.117

2019.7.25

No.16

ブックを開く

第4章 「ランダム化」という最強の武器 P.118~P.125

2019.7.27

No.17

ブックを開く

第4章 「ランダム化」という最強の武器 P.126~P.134

2019.7.29

No.18

ブックを開く

第5章 ランダム化ができなかったらどうするか? P.135~P.146

2019.7.31

No.19

ブックを開く

第5章 ランダム化ができなかったらどうするか? P.147~P.157

2019.8.2

No.20

ブックを開く

第5章 ランダム化ができなかったらどうするか? P.158~P.168

2019.8.4

No.21

ブックを開く

第5章 ランダム化ができなかったらどうするか? P.169~P.178

2019.8.6

No.22

ブックを開く

第5章 ランダム化ができなかったらどうするか? P.179~P.191

2019.8.8

No.23

ブックを開く

第5章 ランダム化ができなかったらどうするか? P.192~P.202

2019.8.10

No.24

ブックを開く

第6章 統計家たちの仁義なき戦い P.203~P.213

2019.8.12

No.25

ブックを開く

第6章 統計家たちの仁義なき戦い P.214~P.227

2019.8.14

No.26

ブックを開く

第6章 統計家たちの仁義なき戦い P.228~P.244

2019.8.16

No.27

ブックを開く

第6章 統計家たちの仁義なき戦い P.245~P.254

2019.8.18

No.28

ブックを開く

第6章 統計家たちの仁義なき戦い P.255~P.265

2019.8.20

No.29

ブックを開く

第6章 統計家たちの仁義なき戦い P.266~P.276

2019.8.22

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

データ社会を生き抜くための武器と教養

西内啓 著

書籍一覧を見る

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP