プレスリリース

[ e-Janネットワークス株式会社 ] テレワークプラットフォーム「CACHATTO」が7年連続トップシェアを獲得

2018年10月11日  リリース発行企業:e-Janネットワークス株式会社

~「働き方改革」に伴うテレワーク環境拡充を背景に採用拡大~



e-Janネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:坂本 史郎/以下、e-Janネットワークス)は、テレワークプラットフォーム「CACHATTO(R)」(以下CACHATTO)が、複数の市場シェア調査において『2017年度出荷/売上金額1位』を獲得したことを発表いたします。(図 参照)トップシェアの獲得は、2011年度から7年連続となります。



政府の提唱のもと、労働人口の確保、ワークライフバランスの実現を目指した「働き方改革」へ取り組む企業が年々増加しており、これに伴い場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」への関心が高まっています。従来より営業職や役職者など利用部門を限定した外出/出張時のモバイルワーク環境の導入は進んでいましたが、テレワークの推進においては利用対象を全社に拡大し、さらにモバイルワークだけでなく、在宅勤務やサテライトオフィスでの業務までをカバーすることが求められています。また、全社を対象とする会社からの端末配布はコストから難しく、BYOD(社員が所有する端末の業務利用)が検討されることになりますが、セキュリティの確保が課題となっていました。

これらを背景に、スマートデバイスからPCまで幅広いプラットフォームに対応し、かつ端末にデータを残さず、持ち出させないCACHATTOであればBYODにも対応でき、テレワーク環境を柔軟に実現できるとして、企業は元より、自治体・官公庁まで広く採用が進みました。
e-JanネットワークスはCACHATTOにより、安全なテレワークの実現による「働き方改革」の促進を、引き続き強力に支援してまいります。

【図】

[画像: https://prtimes.jp/i/7456/29/resize/d7456-29-710633-0.png ]

【市場シェア調査について】
株式会社アイ・ティ・アールによる「ITR Market View:ユニファイド・エンドポイント管理市場2018」(本年8月発行)の「セキュア・ゲートウェイ/ブラウザ市場」分野において『2017年度売上金額1位(シェア44.7%)』を獲得
株式会社ミック経済研究所による「【Web&メールセキュリティ編 2018年版】サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望」(本年8月発刊)の「スマートデバイス用リモートアクセスツール」分野において『2017年度出荷金額1位(シェア41.5%)』を獲得

■CACHATTOについて
e-Janネットワークス株式会社が提供するCACHATTOは、2018年2月現在で1000社43万人を超えるユーザーが利用する法人向けリモートアクセスサービスです。
CACHATTOはスマートデバイスからPCまでマルチデバイスに対応し、セキュアブラウザでの軽快なモバイル利用から、テレワークに適したリモートデスクトップ接続までデータを端末に残さないセキュリティを一貫して実現。リモートアクセスの統合プラットフォームとして企業・官公庁での採用が進んでいます。

■e-Janネットワークス株式会社について
e-Janネットワークス株式会社は、東レ株式会社のベンチャー支援制度の第1号として2000年3月に設立されました。『テレワークにセキュリティを』を標榜し、テレワークプラットフォームCACHATTO及び関連製品の企画・開発・販売・運営を中心として事業を展開しております。

<会社情報>
・代表者名:代表取締役 坂本 史郎
・従業員数:72名(2018年4月1日現在)
・URL:https://www.e-jan.co.jp/

________________________________________
※CACHATTOは、e-Janネットワークス株式会社の登録商標です。
※Microsoft、Office 365は、Microsoft Corporationの商標または登録商標です。
※その他、本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

  提供:PR TIMES 

スペシャル・インフォメーションAD

ランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • いいね!

おすすめ記事

TOP