プレスリリース

[ 株式会社小学館 ] 天安門事件から30年、劉暁波(りゅうぎょうは)の言葉が甦る! 『11通の手紙』本日発売!

2019年05月15日  リリース発行企業:株式会社小学館

獄中でノーベル賞受賞の民主化運動のリーダー劉暁波。親友が紡ぐラストメッセージ



[画像1: https://prtimes.jp/i/13640/286/resize/d13640-286-457996-0.jpg ]

 

天安門事件から30年、平和と自由を訴え続けた劉暁波の言葉が蘇る!

 1989年6月、中国・胡耀邦元総書記の死を機に民主化を求めて集った学生・市民に人民解放軍が発砲、多数の死傷者が出ました。「轢き殺すなら轢き殺せ」と言わんばかりに戦車を前に一歩も引き下がろうとしなかった1人の若者の衝撃映像を記憶している方も多いと思います。本書は天安門事件で民主化運動のリーダーとして活躍し、獄中においてノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅうぎょうは/1955-2017)の発言をモチーフにした、平和を訴えかける創作書簡集です。

 劉夫妻の友人で劉暁波研究の第一人者・及川淳子氏(中央大学准教授・中国現代社会論)が彼の発言や行動、実際の出来事を下敷きに劉暁波の想いを現代に蘇らせ、平和の大切さを問いかけます。

 本書は11通の書簡から成り、それぞれに、言論の自由や、表現の自由、良心の自由といったテーマが盛り込まれています。巻末には及川淳子氏のリアルなあとがきとともに、社会学者で民主化論の泰斗・笠原清志氏(跡見学園女子大学学長・立教大学名誉教授)による解説を収録、「天安門事件とは何だったのか? 劉暁波とは何者だったのか?」という現代的問いを提示します。

●編集者のことば
劉暁波の最愛の妻・劉霞さん(ベルリンに亡命中)から全てを託された著者が、渾身の精神力と深い哀しみをペンに宿らせて紡ぎました。言葉のひとつひとつが心に刺さります。涙無しには書けない…そして編集できない…魂の一冊が出来上がりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/13640/286/resize/d13640-286-895591-1.jpg ]

『11通の手紙』
及川淳子/著 
笠原清志/解説
定価:本体1,200円+税
2019年5月15日発売 
A5判 64p 小学館/刊

本書紹介ページはこちら
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388697

PR TIMESプレスリリース詳細へ

  提供:PR TIMES 

スペシャル・インフォメーションAD

ランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • いいね!

おすすめ記事

TOP