株式レポート

(まとめ)日経平均は3日ぶりに小幅に反発 今晩発表予定の米CPIに注目 - 市況概況

5月11日 16時0分
マネックス証券
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

東京市場まとめ

1.概況

本日の日経平均は3日ぶりに小幅に反発しました。121円安の26,045円で寄り付いた日経平均は直後に163円安の26,003円まで下落した後切り返すとプラスに転じましたが、58円高の26,225円で伸び悩むとまもなくしてマイナスとなり9時40分過ぎには126円安の26,040円まで下落しました。しかし、再び持ち直すとプラスに転じ11時10分過ぎに110円高の26,277円まで上昇し82円高の26,249円で前場を終えました。79円高の26,246円でスタートした後場の日経平均は12時50分前に123円高の26,290円まで上昇した後13時50分前に17円高の26,184円まで上げ幅を縮めましたが、マイナスになることなく踏み止まるとやや持ち直し結局46円高の26,213円で取引を終えています。一方でTOPIXは小幅に下落となりましたが、新興株は堅調で東証マザーズ指数が上昇となっています。

2.個別銘柄等

ソニーグループ(6758)が一時4.0%高となりました。2023年3月期の営業利益は小幅な減益見通しながら引き続き高水準となる見込みで、自己株式を除く発行済み株式総数の2.02%にあたる2500万株と2000億円を上限とした自社株買いを発表したこともあり買いが優勢となりました。日本製鉄(5401)も6.9%高となりました。ロシア・ウクライナ情勢など先行きが極めて不透明な状況にあることから合理的な算定や予想を行うことができないとして決算発表で2023年3月期の業績予想の開示を行いませんでしたが、実力ベースで事業利益6000億円以上の達成目標が示されたことで買いを集めました。任天堂(7974)も3.2%高となりました。2023年3月期の営業利益が減益となる見通しを発表したこともあり朝方は昨日の終値を挟んで揉み合いましたが、9月30日を基準日として1株を10株にする株式分割を発表したこともあり次第に買いが優勢となりました。

また、市場予想を上回る2023年3月期の営業利益の見通しを発表した銘柄に大きく上げるものがみられました。IHI(7013)は2023年3月期の営業利益の見通しが前期比で減益予想ながら市場予想を大きく上回ったことで8.4%高となり、島津製作所(7701)も小幅な営業増益の見通しながら市場予想を上回ったことで5.4%高となりました。リコー(7752)も市場予想を上回る大幅な営業増益の見通しと自社株買いを発表したことから5.3%高となっています。

一方で13時25分に決算を発表したトヨタ(7203)が4.4%安となりました。2023年3月期の営業利益が前期比で19.9%減の2兆4000億円となる見通しを発表し市場予想を大きく下回ったことで決算発表直後に下げ幅を広げ一時は5.9%安となる場面もありました。住友金属鉱山(5713)も銅価格の下落などで2023年3月期の純利益が前期比で51.3%減と大幅な減益となる見通しを発表したことから4.2%安となっています。

VIEW POINT: 明日への視点

本日の日経平均は46円高となりました。昨日の米国市場が高安まちまちとなり買い材料に乏しいなかで売りが優勢となる場面もありましたが、節目の26,000円を前に底堅さをみせると買いが優勢となりました。しかし、4月の米消費者物価指数(CPI)の発表を控えていることから上値も限定的で様子見ムードの強い一日でした。その米CPIは日本時間の21時30分に発表となります。インフレ懸念に神経質な相場展開が続いているだけにマーケットの反応が注目されます。

また、決算発表が続いていますが本日も引け後には富士フイルムホールディングス(4901)やTDK(6762)、スズキ(7269)、SCREENホールディングス(7735)、パナソニックホールディングス(6752)などが決算を発表する予定です。また、11日の米国でもウォルト・ディズニー(DIS)などの決算発表が予定されています。

(マネックス証券 シニア・マーケット・アナリスト 金山 敏之)

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)

 ◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!

※株主優待を新設・変更した銘柄の最新情報は
 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2022年]でチェック!

マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
株式売買手数料(税込) 口座開設
10万円 30万円 50万円
110円 275円 495円
【マネックス証券のメリット】
大手ネット証券として昔から愛用者が多く、2018年には仮想通貨取引所のコインチェックを買収したことも話題に。おすすめポイントのひとつは外国株の銘柄数の多さで、4500銘柄以上の米国株約2600銘柄の中国株を売買できる。米国株は最低手数料が0ドル、中国株は手数料が業界最低レベルとコスト面でも魅力的だ。日本株に関しては、取引や銘柄分析に役立つツールが揃っているのがメリット。中でも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」や重要な業績を過去10期以上に渡ってグラフ表示できる「マネックス銘柄スカウター」はぜひ利用したい。「ワン株」という株を1株から売買できるサービスもあるので、株初心者はそこから始めてみてもいいだろう。また、投資信託の保有金額に対し、最大0.08%分のマネックスポイントが付与されるのもお得だ。2020年7月からビットコインやリップルなど主要な暗号資産(仮想通貨)のCFD取引サービスも利用できる。
【関連記事】
【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付は実質無料。外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者にはおすすめ!
マネックス証券の口座開設はこちら!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
ダイヤモンドZAi 2022年6月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

攻めと守りの高配当株
波乱相場どうしてた?
お金お守りブック

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[攻めと守りの高配当株&波乱相場でどうしてた?]

◎NEWS TOPICS
4月の東証再編で何が変わる? 影響は?
整理&チャンスを検証

◎第1特集
攻めと守りの高配当株
●3万円を超える!? 日経平均の再予測!
●すべて利回り4.3%超!

プライム市場の高利回り株トップ100
●[攻め!]値上がりと配当の二刀流高配当株
今まさに業績が絶好調の株
・稼ぐチカラがバツグンの株
円安が追い風の株
●[守り!]減配しないド安定高配当株
・防御力ピカイチの連続増配株
・収益が安定&財務が盤石の株
・逆風でも下がりにくい株

 

◎第2特集
ウクライナ危機&米国の利上げ

波乱相場でどうしてた?
桐谷さんが急落で買った株のべ全199銘柄を大公開!
Special Interview
厚切りジェイソンさん
「円安効果で利益増! 」
テスタさん
「日経平均の先物を売り! 」
億り人8人の投資戦略

方針転換した人多数! どう変えたの?
●読者200人アンケート

儲かった株・損した株や今後の投資戦略を大公開!
 

◎第3特集
史上最高値を更新!
常識が変わった! 有事の金で資産を守れ!

●金投資の方針が大転換の時代へ! これまでとこれから
●原油・プラチナ・小麦等のETF4
●資産3大防衛策!

 

◎別冊付録
リボ払のワナも解説!
18歳からのお金お守りブック

●銀行の口座解説
●ATMの使い方
●クレジットカードのしくみ、など


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報