ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

ウォークマンが象徴する日本企業の競争力の低下

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2010年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ソニーはカセットテープのウォークマンの日本国内向け出荷を終了したと発表した。このニュースは、英国でも大きく報じられた。

 BBCテレビは夜のニュース(10月25日)で放送。専門家は「今後はウォークマンの収集価値が高まる」と語っていた。「デイリーテレグラフ」(26日)は、「ウォークマンは世界初の商業個人向けステレオシステムであり、人びとの音楽の聴き方に革命を起こした」「よく言われるが、それはあらゆる時代における最も偉大なガジェット(電子機器)の発明であった」と書いた。

 最も思い入れ深く報じたのは「タイムズ」(26日)だろう。ニュースとして報じる以外に、社説でも取り上げた。さらに2ページの特集も掲載した。「われわれはどれほどウォークマンを愛していたか」「カセット(とウォークマン)によって、西側ポップミュージックはベルリンの壁を越え、ロシア共産主義に入っていった」。

 それらの報道からは、ウォークマンの登場がヨーロッパ文化に強い衝撃を与えたことが伝わってくる。海外の報道で日本人が誇らしい気分になれるのは、久しぶりだ。しかしながら、非常に気になるのだが、それらの報道は、カセットテープのウォークマンの製造中止を、ブランドの消滅と同義として報じている。ウォークマンのデジタル携帯プレーヤーが認知されていないのだ。確かに、英国の量販店ではソニーのデジタル携帯プレーヤーをあまり見かけない。日本では販売台数で米アップルのiPodを一時追い抜くほどの健闘を見せているが、残念ながらこちらでは勝ち目がないようだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧