ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
 参入者が少ない地方の物件へ投資する方が 成功するチャンスは高い

参入者が少ない地方の物件へ投資する方が
成功するチャンスは高い(2)

著者・コラム紹介

不動産業界とは無縁だった武藤英明氏が2002年に従業員ゼロ、物件・売上高ゼロから立ち上げたJPMC日本管理センターは2011年にジャスダック、14年には東証1部に上場した。武藤氏は近江商人の「三方良し」を心掛けて、ビジネスを展開。オーナーと一体になって資産の最大化を図る。そんな武藤氏の推奨する不動産投資とは、いったいどういうものなのか。

 当社が地方物件を勧める理由は、不動産投資のライバルが少ないこと、安く買える可能性(利回りの高い物件を買える可能性)があることだけではありません。それは、物件購入後の賃貸経営にも現れます。大都市は賃料こそ割高ですが、入居者にとって物件は数も多くよりどりみどりです。反対に経営側は、数ある物件の中から自分を選んでもらうために必死にならねばなりません。

 一方、地方のオーナーには、地元以外のことに興味がないばかりか、経済の動向、市場の変化などにも関心がなく、ただ親から受け継いだ土地があるからという理由だけで、漫然と賃貸経営を続けている方も少なくないのです。そう考えれば、地方物件への投資は経営するうえでもメリットがあると思いませんか?

地方物件への投資に立ちはだかる
金融機関からの融資獲得

武藤 英明(むとう・ひであき)
1964年生まれ。商社、外資系建設機械メーカーを経て、不動産系ITベンチャー創業。2002年日本管理センター設立。代表取締役社長執行役員に就任。国土交通省移住推進プロジェクト準備委員会委員、全国賃貸管理ビジネス協会新事業新商品開発委員会委員、財団法人日本賃貸住宅管理協会サブリース協議会協議員、日本賃貸住宅オーナー共済連合会専務理事を歴任。主な著書に『そのアパート経営は諦めるにはまだ早い!』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『賢い大家さんは賃貸で稼ぎながら相続税も節税する!』(KADOKAWA/角川マガジンズ)などがある。

 さて、ここまで地方物件に投資するさまざまなメリットをご紹介しましたが、低くはないハードルも存在しています。それは、金融機関からの融資です。マイナス金利等の影響により、金融機関が不動産投資家に融資したくてたまらない状況になっていることはすでにご存じのことと思います。

 しかし金融機関にとって、投資家が賃貸経営ビジネスを問題なく持続できるかは未知数です。しかも、縁の薄い土地の物件、賃貸経営の実績がない投資家であればなおさらです。物件の近くに在住していないのに、物件をどうやって購入しようと評価したのか。入居募集はどうするのか。どうやってメンテナンスをしていくのか。そういったポイントをクリアしなければ、金融機関が融資をしたいと評価できるビジネスにはならないのです。

 そのため、地方での賃貸経営に数々のノウハウを持ち、これまで多くの投資家へ金融機関をご紹介してきた当社だからこそ、地方物件への投資メリットを最大限に享受することが可能になります。

自己資金ゼロで安定収入
全国の物件を日本のどこにいても購入できる方法

 投資金額の大きい賃貸経営をしていくことに、不安が伴うのはもっともなことです。特に初めての投資であればなおさらでしょう。私たち日本管理センターは、サブリース・賃貸管理が本業です。物件購入のお手伝いはもちろんですが、購入された後も末永くお付き合いさせていただくことを望んでおります。物件調達のサポート、融資のサポート、さらに購入後のサポート。JPMCグループが皆様の不動産投資をトータルサポートさせていただきます。

 10月31日(月)にダイヤモンド社で開催させていただく、著作の出版記念セミナーでは、著作で語りきれなかった当社のサブリースや賃貸経営ノウハウ、JPMCグループを活用した不動産投資について詳しく説明いたしますので、是非お立ち寄り頂ければと思います。

無料! 出版記念セミナー開催

日時:10月31日(月)19:00~20:30(開場18:30)
会場:ダイヤモンド社 本社ビル9階セミナールーム
(東京都渋谷区神宮前6-12-17)
定員:50名
FAXでのお申込み:03-5778-6617(クロスメディア事業局出版編集部
Webでのお申込み・詳細  http://leader.diamond.co.jp/seminar1031/

参入者が少ない地方の物件へ投資する方が
成功するチャンスは高い(1)はこちら


[PR]

DOLトップへ



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧