ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&Business
2016年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー

年商「2億円の壁」を超えた中小企業の
経営者に共通する考え方とは

 日本の全企業のうち、中小企業は実に99.7%を占める。さらに従業員20名以下(卸し・小売り)で5名以下の「小規模事業者」は85.1%の325.2万社を占める。これら中小企業にとって、売上高2億円の突破は成長の大きな関門だという。ここを超えていけば5億、10億と成長を遂げることも夢ではなくなるが、2億円の手前で足踏みしている企業が多いと言われている。

 売上2億円は、それまでの経営者の能力や人脈をそのまま拡大していく方法では簡単には突破できないといわれる。なぜこの壁を越えられない企業が多いのか。

 そこで今回、従業員99名以下の企業経営者500名にアンケートを実施。その結果分析によって、売上2億円未満と2億円以上の企業の経営者の考え方の違いが明らかになった。

中小企業のマネジメント実態アンケート(下記からダウンロード)より
拡大画像表示

 たとえば、「経営者は経営に専念すべき」と回答した経営者は、売上2億円未満のグループでは20.2%だったのに対し、売上げ2億円以上のグループでは29.5%と約5割も多い結果が出ている。自らがプレイング・マネージャーとして会社を最前線で引っぱってきた経営者は、現場主義が残っているか、または自分が現場に出なくても済む術を見つけられないでいる可能性がある。逆に、マネジメントに徹するという経営者の意思が、企業を成長させている可能性がある。

 上記の質問をはじめ、下記からダウンロードできる資料では、7つのポイントで「10億円企業に成長するためのゴールデンルール」を導いている。成長を目指すすべての業種の中小企業経営者にとって必読の、中身の濃い資料だ。

資料ダウンロードのご案内

「経営者アンケート」で見えてきた
年商2億を10億に変えるヒント

<内容>
・売上が高い企業の経営者は「マネジメントに専念」
・現場から離れたくても離れられない。
・売上の高い企業ほど意識的に情報共有を図っている。
・新規顧客割合は少ないが、重要性は強く認識。
・営業活動に対するフェアな評価システム確立が急がれる。
・顧客リストの活用は多くの企業にとっての課題。
・新規見込み客フォローアップ体制の確立は喫緊の課題。
・まとめ

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社セールスフォース・ドットコム(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

SFDC_logo

株式会社セールスフォース・ドットコム

〒100-7012

千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12F

TEL:0120-733-257(フリーダイヤル)

E-mail:info@jp.salesforce.com




IT&Business

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business」

⇒バックナンバー一覧