ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2016年11月24日
著者・コラム紹介バックナンバー

ゲーム会社がWebサイトの運営を劇的に改善
ページ制作時間を1/8に短縮できた理由とは?
Adobe Digital Marketing Symposium 2016で紹介された実例を公開

 「顧客体験中心の時代」が言われるなか、デジタルマーケティング・ソフトウェア企業であるアドビ システムズが10月4日、5日に開催した「Adobe Digital Marketing Symposium 2016」では、多くの顧客体験価値向上に向けた取り組みが語られた。

 そこで事例講演として登壇した1社が、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアである。

 ゲーム機「プレイステーション」の企画、開発、販売を行う同社は、Webサイト運営上の課題を抱えていた。

 ユーザーへゲームの魅力を伝えるには、オフィシャルサイトをタイムリーに更新し続ける必要がある。従来はサイト更新や制作の際、システム開発会社と打ち合わせを行ない、作業依頼、見積もり取得、社内決裁などを経てから作業に入るため、非常に時間がかかっていた。

 たとえば、トップページへのちょっとした新コーナー追加でも最低で約40日、場合によっては2~3ヵ月かかることも珍しくなく、さらにスマートフォンやタブレットなどのマルチデバイス対応にも約20日といった有様。Web担当者はそれらの作業に忙殺され、サイトの魅力を高める「企画立案」まで手が回らないという悪循環に陥っていた。

 そこで、迅速なサイト制作が可能な新ツールを検討、新たなサイト管理ツールを導入した。その結果、トップページへのコーナー追加が40日かかっていたところを5日で、マルチデバイスへの対応も約10日で完了。社内のスタッフだけでサイトの更新や制作も可能になるなど、作業のフローが大幅に改善された。

 コンテンツの迅速な更新により、サイトの鮮度を保てるようになっただけでなく、サイト運営が効率化されたことで、新たなサイトコンテンツの検討ができる時間が増える――。悪循環を脱して良循環に入った同社の取組みと成果は、下記からダウンロードできる資料で詳しく紹介されている。企業でWebサイトを運営する担当者、また経営者にとっても必読のレポートだ。

資料ダウンロードのご案内

サイト改善のPDCAを高速化、
目に見える顧客満足度を実感
ソニー・インタラクティブ
エンタテインメントジャパンアジア

【導入の経緯】サイト更新の負荷が増大
【選択のポイント】ゲームの魅力を伝えられる柔軟性
【導入効果】コンテンツ改善のPDCAが高速化

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、アドビ システムズ株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

アドビ システムズ株式会社

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-2

ゲートシティ大崎イーストタワー




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧