荷主企業向け配車マネジメントシステムを構築、企業の業績を向上させる

丸市倉庫

荷主企業向け配車マネジメントシステムを
構築、企業の業績を向上させる

著者・コラム紹介
1
nextpage

山梨県を拠点に全国に輸送サービスを展開する丸市倉庫。戦略的な在庫管理システム「クラロジ」に加えて、積載効率を良くする配車マネジメントシステム「トラロジ」を開発。物流の無駄を省いたシステムを提供しながら、企業の業績アップに貢献している。

丸市倉庫
堀内 信 代表取締役社長

 丸市倉庫の本社は、山梨県甲府市にある。創業は1949(昭和24)年。倉庫業を核としながら、現在は経営を変える物流のプロとして、ユニークなシステムを次々と開発、全国にサービスを展開している。

 その一つが、経営戦略に役立つ物流管理のシステム、「クラロジ(クラウド・ロジスティック・システム)」だ。このシステムを導入すると、入庫・出庫・在庫履歴を常時確認することが可能になり、在庫分析などの物流レポートを受け取ることができる。

 クラロジ導入のメリットについて、丸市倉庫の堀内信社長はこう説明する。

 「物流現場の履歴や分析が、可視化されクラウドに蓄積されるので、物流担当だけでなく、営業・資材・製造・会計などの各部署をはじめ、経営層にまで物流の情報が閲覧できるようになります。今や在庫管理システムは、現場の業務を迅速、正確に運営できればよいというものではなく、必要な情報を必要な人に提供し、経営を良くするために使われるものでなくてはなりません」

 物流データこそ、経営戦略に直結する。同社では、ただ顧客から依頼された物流の指示をこなすのではなく、いわば顧客の“物流部”として、クラロジを通して物流の最適化を図りながら、欠品を防いで過剰在庫を防止するシステムを実現しているのだ。

 同社では、この「クラロジ」を運送会社などに販売、物流の新しいシステムとして次第に認知されるようになっている。

物量・納期・コストに応じて
適切な車両を選択

 その丸市倉庫が、新たに取り組んでいるのが、輸送サービスにおける「トラロジ(トラフィック・ロジスティック・システム)」の開発である。

 基本的に同社の輸送サービスは、安全・安心を第一に考えている。コンプライアンスを順守した協力会社と業務提携し、月に1度は協力会社とミーティングを行い、事故率や返品率をフィードバック、安全を最優先とした物流を構築している。

1
nextpage

DOLトップへ
お問い合わせ先

丸市倉庫株式会社

〒400-0864

山梨県甲府市湯田2-7-9

TEL:055-235-4664

http://www.souko.co.jp/




DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧