ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2011年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
オバタカズユキ

『大学図鑑!』の監修者が語る
正しい「受験生の親」入門講座【後編】
親の悩みにこたえるQ&A

1
nextpage

前回、受験生である子供を心配するがゆえに、親が陥りやすい「7つのワナ」を紹介しました。今日はその応用編。具体的に子供からこんなことを言われたら親としてどう対処すべきなのか? それをQ&Aで解説していきます。思い当たる経験がある方もない方も、ぜひ参考にしてみてください。

『親子の受験問答集——こう答えたらいいかもしれない!』

Q1 子供が「第一志望は××大にする」と、突然、言い始めました。オープンキャンパスに参加して気に入ったようなのですが、名前も聞いたことがない大学です。将来性はあるのでしょうか?

A1 大学の将来性や、その子供の将来にとっての是非は、もちろん誰にも予測できないことです。その上で、「名前も聞いたことがない大学」についての一般論を申し上げますと、「無名大の学生が有名大の学生よりも、イキイキしている例はほとんどない」。

 医療系、福祉系、理系など専門分野において実績のあるごく一部の単科大学を除けば、やっぱり有名大学の居心地のほうがいいからです。どういいのかについては、『大学図鑑!』の各大学紹介ページをお読みになってください。比較のポイントは、施設の充実度や教育カリキュラムの革新性よりも、現役学生たちの実感の部分です。

 その無名大学も、活気のある大学になるべく懸命な経営努力をしているのでしょう。大学側の姿勢に共鳴したお子さんのやる気は肯定してあげたいところです。しかし、大学を一般企業におきかえてみれば、オープンキャンパスは自社商品のPRイベントと同じ。鵜呑みにはできないという危険性もあるかと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)




    エディターズ・チョイス

    ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

    「エディターズ・チョイス」

    ⇒バックナンバー一覧