ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&Business
2017年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー

残業させずに、19年連続増収増益を
実現させた経営手法とは?

 

トリンプ・インターナショナル・ジャパン元代表取締役社長の
吉越浩一郎氏

 長時間労働・過労死問題が大きく取り上げられる昨今。「残業抑制と企業成長の両立」という大きな課題を経営者に突きつける結果となっている。政府による規制が強まるなかで、一歩対応を間違うと社会問題にすら発展しかねない。

 しかしこの課題に真正面から取り組み、業績を大きく向上させた経営者がいる。

 トリンプ・インターナショナル・ジャパン元代表取締役社長の吉越浩一郎氏だ。吉越氏は、在任中に19年連続増収増益を実現し、その経験に裏打ちされた経営者としての心構えや仕事術は企業の経営者を中心に高い関心を集め、著書はベストセラーを記録している。

 とくに、部下に仕事を任せ、デッドラインを設けることで個人の力を最大限引き出して組織を強くする『デッドライン仕事術』は、経営者から根強い支持を集めている。しかしながら、必ずしも吉越氏のように上手く実践ができるわけではない。ではどのようにして、この経営手法を展開すれば良いのだろうか。

セールスフォース・ドットコム 執行役員の道下和良氏

 業務生産性改革・経営改革を支援する、セールスフォース・ドットコム 執行役員の道下和良氏は、デッドライン仕事術を実践するには、「仕組み」が大事だと語る。道下氏によると「吉越氏は、部下のデッドラインをしっかりと踏まえ、各人に随時、適切な指示や示唆を与えながらスピードアップを促すマネジメントを行うことが必要と説いている。各人の業務プロセスをシステムに組み込み、使い続けられる“仕組み”として組織に根付かせていくことが重要」と指摘する。では、必要な業務プロセスの設計と、それを組み入れるシステムとはどのようなものだろうか。

 下記からダウンロードできる資料は、吉越氏と道下氏の対談を元に作成している。デッドライン仕事術に関する考え方と、業務改革のポイント、さらに「当時こうしたシステムがあれば絶対に活用した!」と語るSalesforceを用いた「仕組み」について解説している。

 成長する組織を模索する経営者、現場を活性化したいマネジャー、そして目標を達成したい現場社員のすべての企業人にとって、気付きを与える資料である。ぜひご一読いただきたい。

 

資料ダウンロードのご案内

経営者のための
吉越流「デッドライン仕事術」×Salesforce

<主な内容>
・デッドライン管理で
 仕事の密度とスピードを高める
・「徹底度」が有能な上司の指標
・部下の納得度を高める、
 データに基づくロジカルな指導
・企業文化そのものを変えるツール

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社セールスフォース・ドットコム(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

SFDC_logo

〒100-7012

千代田区丸の内2-7-2 JPタワー12F

TEL:0120-733-257(フリーダイヤル)

E-mail:info@jp.salesforce.com


Advertisement



IT&Business

情報家電、インターネット、携帯電話などハイテク分野の最新ビジネス情報を提供するほか、ITを活用した新しい企業経営の姿を独自の視点で探っていきます。

「IT&Business」

⇒バックナンバー一覧