ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2017年5月15日
著者・コラム紹介バックナンバー

検証・生産性向上とワークライフバランス
経営者が抱く「働き方改革」への課題とは
Chatwork

多くの企業で「働き方改革」への関心が高まっている。ダイヤモンド・オンラインでは、ビジネスチャットで「働き方改革」を支援するChatWorkと共同で経営者へのアンケート調査を実施。そこから浮かんできた課題を同社働き方エバンジェリストの河野智英子氏が分析した。これに船井総合研究所の成功事例を加え、一つのリポートにまとめた。以下にその概要を紹介する。

※2017年4月10日・14日、「ダイヤモンド・オンライン」メールマガジン登録者のうち「経営者・役員」にメールで「『働き方改革』と『ITによるビジネスコミュニケーション』」に関するアンケートを実施。114人から回答を得た。

「働き方改革」は重要課題
どうやって始めるか 

Q1アンケート結果の例:「Q1 働き方改革に関して、どのようなイメージをお持ちですか?」
拡大画像表示

 アンケートでは、経営者が「働き方改革」を重要な経営課題に位置付け、すでに実践をしているケースも多い反面、具体的なアクションの起こし方や、何を変えるかにとまどっているという回答も見られ、企業によって取り組みに差があることが分かった。
 
 これについて、ChatWorkの働き方エバンジェリスト・河野智英子氏は、「何をしてよいかわからない」という傾向は、実際に多くの企業で見られると述べ、「多くは、“改革”という言葉にこだわるあまり、着手に踏み切れていないことが原因」と指摘する。

 また、「働き方改革」で目指すのは、「社員1人あたりの生産性向上」「業務プロセスの合理化」「社員満足の向上」「ワークライフバランス」の実現という回答が多くを占めた。その実践手段としてITによるコミュニケーションの改善を考える際、現状のIT活用の何が問題なのか、本リポートでは、それを補うための「ビジネスチャット」の有効性についても河野氏が解説する。

 リポートの後半では、「ビジネスチャット」を活用した「働き方改革」成功事例として、国内独立系コンサルティングファーム大手の船井総合研究所のケースを紹介。社内や顧客とのコミュニケーションを改善し、業績向上と自身の育児を両立させた同総合研究所のチーフ経営コンサルタント・神徳あや氏へのインタビューを実施した。

 「働き方改革」実践のため、以下より詳細を参照していただきたい。

このページのトップへ戻る

資料ダウンロードのご案内

経営者の「働き方改革」アンケート検証と船井総合研究所の成功事例

「ダイヤモンド・オンライン」ユーザーの経営者に聞いた「働き方改革」への課題を、ChatWorkの働き方エバンジェリスト・河野智英子氏が検証、「ビジネスチャット」の有効性を解説。成功事例として、船井総合研究所のケースをチーフ経営コンサルタント・神徳あや氏のインタビューにより掲載。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ChatWork株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

ChatWork株式会社

■東京オフィス

〒111-0036

東京都台東区松が谷4-24-11-301


■大阪オフィス

〒564-0032

大阪府吹田市内本町2-21-8




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧