ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がん保険を疑え!
【第1回】 2011年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

保険のプロでも疑問だらけ!
「がん保険」という商品の仕組み

1
nextpage

いまや2人に1人ががんに罹る時代。それを売り文句にがん保険が大々的に売り出されている。しかし、そもそも2人に1人ががんに罹るなら保険は成立するのか?「がん保険を疑え!」を刊行した「生保のご意見番」後田亨氏が、5回にわたりがん保険のなぜに迫ります。今回の第一回目は、生保会社が、膨大な宣伝費をかけてがん保険を売る謎に迫ります。

保険には「入れない人」はたくさんいるが…

 がん保険は、保険会社が儲かってしかたがない商品なのではないか?

 「2人に1人ががんになる時代」「がんは今や国民病」といった言葉を枕に語られている「がん保険」のパンフレットや保険会社のホームページを見るたびに、そう感じます。

 「がん」にかかる人が増える一方であれば、「がん保険」は商品として成立しなくなるだろうに、派手に宣伝されているのはなぜだろうか、と不思議に思えるのです。

 たとえば、「保険に入れますか?」というお客様の問い合わせに対して、次のような回答が考えられます。

 「お仕事は事務職ですね。問題ありません。」

 「警察官ですか。お引き受けできますよ。」

 「バイク便…弊社では、入院なさった場合の保障は1日1万円ではなくて5000円までになっています。それでもよろしければ…」

 「トンネル作業員…残念ながら入院の保障は付けられません。死亡も1000万円までです。ご理解願います。」

 「プロボクサー!? 申し訳ございません。何も入ってもらえません。」

 「レーサー!? スタントマン!? 探検家!? 以下同文です」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
われわれはいかに働き どう生きるべきか

われわれはいかに働き どう生きるべきか

P.F.ドラッカー 述/上田 惇生 訳

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年1月

<内容紹介>
寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題――毎日を生きる心得、そしてハウツーを語った幻のインタビュー、初の活字化。すぐれたマネジャーはどのように考え・行動しているかのみならず、よき人生をいかに生きるか、その指針をを示してくれる。ドラッカー教授の温かい眼差しに満ちた一冊。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

1959年生まれ。1995年に日本生命に転職。2005年より(株)メディカル保険サービス役員。2007年発売の「生命保険の『罠』」(講談社+α新書)がベストセラーとなり、以後、主に執筆・セミナー講師・個人向け有料相談を手掛ける。他の著書に、「“おすすめ”生命保険には入るな!」(ダイヤモンド社)、「生命保険のウラ側」(朝日新書)。日経電子版「保険会社が言わないホントの保険の話」他、連載・メディア掲載多数。
公式サイトhttp://www.seihosoudan.com/


がん保険を疑え!

いまや2人に1人ががんに罹る時代。それを売り文句にがん保険が大々的に売り出されている。しかし、そもそも2人に1人ががんに罹るなら保険は成立するのか?「がん保険を疑え!」を刊行した「生保のご意見番」後田亨氏が、がん保険のなぜに迫ります。
 

「がん保険を疑え!」

⇒バックナンバー一覧