ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル&マーケティング

グリー、ミクシィ、サイバーエージェントの
トップが語る世界戦略

ad:tech tokyo 2011 Report 【第4回】

ダイヤモンド IT&ビジネス
2011年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

10月26日~27日に開催された、世界最大規模のマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2011」で、日本のソーシャルメディアを代表する3社の経営者が、それぞれのグローバル展開戦略を語った。日本のネットビジネスは、コンテンツの質において世界的な評価を受けているが、ネットを取り巻く環境の変化が以前にも増して著しい今日、彼らはどんなビジョンを描いているのか。日本コカ・コーラでインタラクティブマーケティングを統括する江端浩人氏をモデレータにディスカッションが始まった。

KEYNOTE PRESENTATION
「日本企業がグローバリゼーションで勝ち抜くためには」より

■キーノートスピーカー
日本コカ・コーラ マーケティング&ニュービジネスインターラクティブ・マーケティング
バイスプレジデント 江端浩人氏

グリー代表取締役社長 田中良和氏
ミクシィ代表取締役社長 笠原健治
サイバーエージェント代表取締役社長CEO 藤田晋氏

■ゲストスピーカー

・dmg::events プレジデント スーザン・マクダーミッド氏

 江端氏は冒頭、「日本のモバイル事例が世界に輸出され、デファクトになると思う」とし、そのポテンシャルをもつ企業のトップである3名を招いたと述べた。

日本コカ・コーラ
マーケティング&ニュービジネス、インターラクティブ・マーケティング バイスプレジデント 
江端浩人氏

 3社はいずれも国内市場で成長を続けている。

 サイバーエージェントは現在、事業構造の変革に取り組んでいる。当初は広告代理店業で事業を開始したが、その後ブログサービス「アメーバ」が急激に成長。さらにそこから派生したコミュニティサービス「アメーバピグ」が大ヒットした。現在は実質利益の過半数をアメーバ事業から得ており、広告代理店事業は10%となっている。

 藤田社長は、今後もアメーバなどのメディア事業の割合が高まると判断、ネット広告は今後も有望な市場としながらも、社内体制はメディア運営やツールの新規開発に大きくシフトさせている。

 また、ミクシィは、月間アクティブユーザー数が1500万人を超え、コミュニケーションの投稿数も9億件超に達した。今年8月には会員の公式ページ作成サービスである「mixiページ」の提供を開始、すでに13万ページが開設されている。

 一方、グリーは、「日本最大級の放送回数」(田中氏)を誇るテレビCMの宣伝効果などもあいまって、会員は6月末で2641万人に及んでいるという。

 こうした状況を踏まえ、話題は3社の海外市場でのビジョンと戦略に移った。 

次のページ>> グリーの世界戦略
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジタル&マーケティング

消費者が売り手を選ぶ時代、企業はどのように顧客とコミュニケーションを行うべきでしょうか。デジタルを有効に活用して世界の顧客とつながる方法を追求していきます。

「デジタル&マーケティング」

⇒バックナンバー一覧