ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル&マーケティング

モバイルの普及で、マーケティングは
ユーザーのキャラクターまで把握する時代に

ad:tech tokyo 2011 Report 【第6回】

ダイヤモンド IT&ビジネス
2011年11月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

モバイルツールの即時性やユーザーとの一体性は、マーケティングや広告に大きな変化をもたらし、多様なプレーヤーたちが次なる行動を起こし始めている。なかでもスマートフォンの登場はそれに拍車をかけ、関係業界からは大胆なモバイルマーケティングの将来像が提示されている。「ad:tech tokyo 2011」では、関連3分野から第一線のプレーヤーたちが日本発の先進事例を紹介した。

「モバイルマーケティングが変わった~日本発『先進事例と展望』~」より

■プレゼンター
グーグル株式会社 モバイル広告営業部統括部長 香村竜一郎氏
株式会社メディーバ ADプラットフォーム事業本部ADプラットフォーム企画部部長 野口龍彦
パーティ  クリエイティブディレクター・ファウンダー 清水幹太

■モデレータ

・株式会社宣伝会議 取締役 編集室長 田中理沙氏

スマートフォン自体が
新たなマーケティングツールに

 モデレータの田中氏は、スマートフォン普及によるデジタルマーケティングの変化について、3人の登壇者それぞれに、マーケティング事業者、クリエイター、インターネット事業者の立場でそれぞれの意見を求めた。

株式会社メディーバ 
ADプラットフォーム事業本部ADプラットフォーム企画部
部長 野口龍彦氏

 メディーバの野口氏は、日本のモバイル保有数について3年後には約6000台になると予測。現状でも位置情報、動画コンテンツ、ソーシャルネットワーク(SNS)へのアクセス数は圧倒的にスマートフォンが多く、スマートフォンからSNSに入る人は約8割を超えていると述べ、「スマートフォン自体がユーザーやオーディエンスをどう捉まえていくか、どう見ていくかという時代に入ってきた。スマートフォン自体が新しいマーケティングツールになってきた」と指摘した。

 加えて、従来型ターゲティングは、過去のデータの蓄積とその分析だったが、これからは、スマートフォンなどの活用で、ユーザーをリアルタイムに捉えていく必要があり、それがこれまでとまったく違う効果、新しいユーザーをつかまえることになると述べた。

パーティ
クリエイティブディレクター・
ファウンダー 清水幹太氏

 パーティの清水氏は、クリエイティブ・ディレクターの立場から、スマートフォン自体が「強いコミュニケーションツール」であると発言。スマートフォンは、身体的な動きに連動できるため、道具が体の一部となり、持ち主の意思を拡張する感覚器になってきていると指摘し、デジタルマーケティングが従来のメディアでは表現できなかった「持ち主の性格やキャラクターをより正確に出力する」ことができるツールであると、意見を述べた。

 こうした機能により、ユーザーと広告主がより強いコミュニケーションで結ばれ、新しいシチュエーションに新しいモノを提供できる環境になってきた。ただ、これについては、広告だけでなく、他のコンテンツも対象になるので、全体的な見方をしないといけないと加えた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジタル&マーケティング

消費者が売り手を選ぶ時代、企業はどのように顧客とコミュニケーションを行うべきでしょうか。デジタルを有効に活用して世界の顧客とつながる方法を追求していきます。

「デジタル&マーケティング」

⇒バックナンバー一覧