『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』がダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

「暗い」のではなく「優しい」のだ。
「のろま」ではなく「ていねい」なのだ。

「私は暗い性格です……」「私はのろまといつも言われています……」。

 そのように自分を卑下し、自分で自分の勇気をくじいている人が世の中には多くいます。また、同様に部下や子どもに対して勇気をくじいている親や上司もたくさんいます。しかし、ものの見方を変えるだけで短所は長所に生まれ変わります。本人が何も変わらなくてもいい。こちら側の見方を変えれば、それだけでいいのです。

「暗い」のではなく「優しい」のです。
「のろま」なのではなく「ていねい」なのです。
「せっかち」なのではなく「素早い」のです。
「お節介」なのではなく「親切」なのです。
「鈍感」なのではなく「自分の世界を持っている」のです。
「失敗ばかり」ではなく「たくさんのチャレンジをしている」のです。

 このようにものの見方を変えるだけで世界はガラリと変わります。あなたが自分や相手を否定している言葉を逆の面から見てください。そしてそれを言葉にしてください。それだけで、私たちは勇気くじきから一転して勇気づけをできるようになるでしょう。勇気づけは決して難しくはないのです。

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。