東京理科大学学長の藤嶋昭氏が、2017年度「文化勲章」を受章した。
藤嶋氏が開発した「光触媒」は、今年で発見50周年を迎える。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。文化勲章受章まもなく発売され、注目を集めている『第一人者が明かす光触媒のすべて――基本から最新事例まで完全図解』の著者を編集担当が直撃した(構成:寺田庸二)。

TLOの取り組みと
花粉症対策マスク

藤嶋 昭(Akira Fujishima)東京理科大学学長 1942年生まれ。2005年、東京大学特別栄誉教授。2010年、東京理科大学学長(現任)。【おもな受賞歴】文化勲章(2017年)、トムソン・ロイター引用栄誉賞(2012年)、The Luigi Galvani Medal(2011年)、文化功労者(2010年)、神奈川文化賞(2006年)、恩賜発明賞(2006年)、日本国際賞(2004年)、日本学士院賞(2004年)産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞(2004年)、紫綬褒章(2003年)、第1回The Gerischer Award(2003年)、日本化学賞(2000年)、井上春成賞(1998年)、朝日賞(1983年)など。オリジナル論文(英文のみ)896編、著書(分担執筆、英文含む)約50編、総説・解説494編、特許310編。

 東京大学のTLO(Technology Licensing Organization;技術移転機関)が中心となって、大学と企業の連携(産学連携)を進める取り組みが行われています。

 大学に眠っている研究成果、特許を民間企業に橋渡しして、イノベーションを起こしていくことに、日本の将来の活路を見出そうという東京大学TLOの山本貴史社長の取り組みです。

 光触媒の応用研究においても、産学連携の成果が出てきており、製品の実用化例が増えています。

 たとえば、富士通ではチタンアパタイトという高性能光触媒材料の開発と製品化が行われています。

 この材料は、人間の骨や歯に含まれるカルシウムヒドロキシアパタイトにチタンを混ぜて作ります。

 カルシウムヒドロキシアパタイトがもともと持っている吸着しやすい性質に、光触媒により細菌やウイルス、有機物を分解する性質がプラスされて、吸着・酸化分解力にすぐれた光触媒材料ができました。

 吸着力にすぐれていることから、花粉症対策マスクとして市販されています。

 また、抗菌ボールペン、カーペットなども製品化されていますし、空気清浄機のフィルターとしても使われています。

 企業同士のライセンス契約も増えており、携帯電話やタブレット端末、パソコンのキーボードなども含めて、これからさらに多くの製品が生まれてくることでしょう。

 光触媒を発見して今年で50周年。いまや東海道・山陽新幹線の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建てからクフ王の大ピラミッド、ルーブル美術館、国際宇宙ステーションまで、その活躍の場は多岐に及んでいます。
 本書には、その基本から最新事例まで140点以上の図表と写真が掲載されています。ぜひご一読いただければと思います。