外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

いつも突然、飛び込みでやって来るお客さま

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 当然ながら、ホテルは満室になってしまうと泊まることはできない。
 予約キャンセルが発生すれば、その部屋はインターネットなどで売りに出すので、そこで予約が入ればまた満室になる。この予約キャンセルと満室状況は刻々と変わるものだし、曜日やシーズンでも異なる。

 いつも飛び込みで来る常連のお客さまがいた。
 ちなみに、「飛び込み」とは、事前予約なしで直接ホテルに来て泊まること。
 予約せずにいらっしゃるので素性がはっきりとはわからないが、年齢は40代後半のアーレントさま(仮名)。
 アメリカと日本のハーフで、整った顔立ちが印象的な人だ。IT系企業の課長か部長クラスのお仕事を務めているという。
 このお客さまは、すごく気さくで親切な男性だ。
 刻々と変わる空き部屋状況の合間に、スッといらっしゃるアーレントさま。
 少なくとも満室でお断りしたという記憶はない。まさに強運の持ち主!

 そこで、ルームサービスを持っていった時に、ボクは質問してみた。
「いつもご利用くださいまして、ありがとうございます。突然の質問で恐縮ですが、いつもベストなタイミングでいらっしゃいますね」
「あ、それね、不思議でしょ?」
 アーレントさまは、むしろその質問を待っていました! という感じで話し始めてくれた。
「秘訣があるんだよね」
「部屋が空いてますように、ってリアルにイメージしてからおいでになる、とかですか?」
「違う違う、決めるんだよ」
「決める?」
「今日、泊まるとなるでしょう? そうしたら『部屋が空いてますように』って、自分の願いを決めるの。それで、後はどこのホテルに行くかを決めるんだ。そして空き状況をリサーチする。
 よく後輩に言うんだけど、理想を手にするために『理想を実現する』と決めるのと、理想を手にするために『理想をイメージしているだけ』とは大きく違うから。
 オレは『理想を現実にする』って決めちゃうから毎回宿泊できるんだろうね」
「ということは、もしかしてアーレントさまは、願ったことは必ず叶えてきたってことですか?」
「もちろん! でも、その願いを信じなきゃ、叶わないよ。
 信じていない人は、決められないんだよ。やるべきこともさ。迷うからね。
 それに引き換え、オレはバシッと決めちゃうから」
 そう言いながら、アーレントさまは快活に笑った。