ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
 Vol.9 日本初のマーケティングミックスに成功 ―― 花王創業者・長瀬富朗

Vol.9 日本初のマーケティングミックスに成功
   ―― 花王創業者・長瀬富郎

著者・コラム紹介

 花王の創業者、長瀬富郎をご存じでしょうか。1863(文久3)年、現在の岐阜県中津川市で生まれた長瀬は、22歳で上京。コメ相場で無一文になるなどの曲折を経て、日本橋馬喰(ばくろ)町に洋小間物問屋を開きました。その後、石けんの製造・販売事業の開始を決意したとき、周囲は猛反対でした。石けん製造は容易なため無数の零細工場が乱立し、行き過ぎた価格競争による共倒れが続出していたからです。 

花王 創業者・長瀬富郎
1890年に完成させた桐箱入りの高級石けん

 ところが、長瀬の考えは違っていました。自分の店で米国製の高級石けんがよく売れる一方で、粗製・粗悪な国産品が安価でも低迷していることに着目。狙いを国産高級石けんに絞り、1890(明治23)年に新製品を完成させました。

 自信作の発売に際し、長瀬は必要以上の安売りはしないと決めていました。良質な製品作りには、コスト維持が不可欠だからです。そのために、さまざまな工夫を凝らしました。

 石けんにはブランド名を冠しました。「顔を洗う」という連想を狙って「花王」石けんです。1個ずつ蝋紙に包み、3個並べて桐箱に入れ高級感を演出。巧みな文章で「能書き」を作成し、薬学に基づいた分析証明書も同封して安全性をアピールしました。価格は3個入り1セットで35銭。1個当たり約12銭は、当時1ダース2~10銭の国産品に比べ相当高価です。問屋や販売業者への心配りも怠らず、販売店のマージンを保証し、他業界で行われていた年末割り戻し制を導入。中元や歳暮売り出しには景品を付けました。

 「宣伝は、良品を消費者に届けるために、良心的な生産者が行う消費者に対する奉仕である」の信念の下、長瀬は発売の当初、実に利益の44%を広告宣伝費につぎ込みました。新聞広告、開通早々の鉄道沿線の野山や田畑の立て看板、電柱広告、そして歌舞伎小屋の引き幕にも「花王」の文字が躍りました。こうして本邦初の高級化粧石けんの製造・販売に成功したのです。

 その要因は、今でいうマーケティングミックスの実践にあります。顧客の生活を豊かにする高品質の石けんという製品(Product)、品質を維持するため他と一線を画した高めの価格設定(Price)、卸売会社と小売店が適切な利益を確保できる流通戦略(Place)、そして顧客に商品価値をしっかりと伝える宣伝(Promotion)。この4P戦略が相乗効果を挙げたわけですが、根本にあるのは、顧客志向に他なりません。

 資本主義の概念が入ってきたばかりの明治期、短期的な利益のみにこだわる事業者が少なくない中で、長瀬富郎は成功すべくして成功したのです。

Maho Shibui
1971年生まれ。作家
(株)家計の総合相談センター顧問
94年立教大学経済学部経済学科卒業。
大手銀行、証券会社等を経て2000年に独立。
人材育成コンサルタントとして活躍。
12年、処女小説『ザ・ロスチャイルド』で、
第4回城山三郎経済小説大賞を受賞。 

 

 

▲ ページTOPへ戻る

 

関連記事
なぜ、ユダヤ人のロスチャイルド家は世界一の大富豪になったのか?
渋井真帆連載第1回 リーダーにこそ必要な資質とは?
渋井真帆連載第2回 「希望を配る人」が真のリーダー
渋井真帆連載第3回 信念を貫いた二人のリーダー
渋井真帆連載第4回 現場で流した汗から巨大企業をつくった男
渋井真帆連載第5回 「銀行の覚悟」を日本で教えた英国人バンカー
渋井真帆連載第6回 攻めどころと引き際を心得た男 ―― 岩崎弥之助
渋井真帆連載第7回 カエサルと家康に共通する後継者選びの慧眼
渋井真帆連載第8回 技術革新で世界の女性に幸せを届けた―― 御木本 幸吉
渋井真帆連載第10回 技術の力で明治維新を支えた―― 東芝創業者・田中久重
渋井真帆連載第11回 京都を救った異能の2人―― 槇村正直と山本覚馬

 


[PR]

DOLトップへ
お問い合わせ先

家計の総合相談センター

〒100-0005

東京都千代田区丸の内二丁目3番2号

郵船ビル1階

TEL:0120-3737-88

http://www.happylife.ne.jp/


 

渋井真帆がナビゲーターを務める
TV番組がスタート!

『にっぽん人物列伝-歴史に学ぶ危機管理術の極意-
(BS-TBS 毎週土曜22:54~23:00)

歴史上に登場した英雄・偉人たちの足跡をたどりながら、地域で活躍する中小企業を紹介。歴史上の英雄・偉人たちと現代の企業経営者を対比させた内容で歴史経済作家の渋井真帆がナビゲーター兼インタビュアーとして「危機管理」の本質に鋭く迫ります!



DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧