ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2014年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー

『データドリブン・ビジネス』を
実現するために最適なプラットフォームとは

1
nextpage

「データドリブン(駆動)・ビジネス」という言葉を聞くことが増えている。ビッグデータなどを活用し、データに基づいた意志決定やアクションを行おうとするものだ。関心を持つ企業も増えているが、実際にデータドリブンに取り組む企業では、「手応えが感じられない」という声もあるという。その要因はどこにあるのか。

経営者や現場の担当者が「使える」データとは

 「データドリブン・ビジネス」あるいは「データドリブン・マーケティング」といったキーワードを、企業経営者やマーケターが語る機会が増えている。「ビッグデータ」という言葉も一般化した。

 データに基づいた意志決定を行うために、経営資源を投入する企業も少なくない。新たにデータサイエンティストなどの専門職を配置する企業もある。だが、その成果を実感できている企業がどれだけあるかは疑問だ。

代表取締役水嶋 ディノ 氏

 興味深い調査結果がある。経営管理プラットフォームを提供する米Domo社が、さまざまな企業のビジネスリーダー1064人を対象に行った調査(2013年)によると、回答者の98%が「業務を遂行する上でビジネスデータに依存している」と答えている一方で「必要な情報にタイムリーにアクセスできていない」と回答した人が62%にも達している。また、83%もの回答者が「ビジネスデータから必要な答えが得られない」と感じているという。

 Domo Inc.の日本法人であるドーモ株式会社代表取締役の水嶋ディノ氏は「膨大な量のデータを収集することが最終目的ではないはず。大切なのは、経営者や現場の担当者が、データを『使える』仕組みをつくることです」と指摘する。(次ページへ)

資料ダウンロードのご案内

データの活用が容易になったことで、マーケティング手法は急激に進化してきた。一方、セールスの分野でもかつての常識を覆すような考え方が誕生しつつある。それぞれ、自社に合った見直しができれば、企業の成長は加速し、新たなイノベーションにもつながっていくはずだ。マーケティングやセールスの分野で、今、知っておくべき最新トレンド&ソリューションを紹介する。

「ビッグデータ」「データサイエンス」…。言葉に踊らされるな! 現場革新を実現する、真の「データ活用」に不可欠な3つの鉄則

本資料では、独自の視点でビジネスチャンスを察知し、ダイナミックに経営・マーケティングを成功させるためのデータ活用のポイントを紹介。今、ビジネスの現場で必要なデータはすべて手の中にありますか?瞬時に必要なデータにアクセス、直ちに行動、成果を上げることのできる「データ活用」の鉄則。是非ご覧ください。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ドーモ株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら
1
nextpage

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

ドーモ株式会社

〒150-6018

東京都渋谷区恵比寿4-20-3

恵比寿ガーデンプレイスタワー18階

TEL:03-5789-5860

E-mail:info-jp@domo.com




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧