ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2014年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー

門外不出の「国宝」に触れる!
3Dプリンタと「職人技」の融合が生んだもの
ストラタシス・ジャパン

“触れる国宝”は美術鑑賞の
レボリューションに

 「もし、国宝に触れることができれば、美術鑑賞は根本から変わる」
 山形県立美術館では、所蔵する国宝「縄文の女神」を3Dプリンタで再現した。この4500年前の土偶は、考古学的価値もさることながら、独特なフォルムで芸術的にも高い価値を持つ。

 同美術館では、この国宝をより身近に楽しんでもらいたいと考え、高さ約45センチの実物大レプリカを3Dプリンタで製作。“門外不出”の国宝への挑戦、五感を通じて楽しんでもらう体験型の展示は何をもたらしたのか?(「縄文の女神」の写真および注目の活用事例を期間限定で、下記のホワイトペーパー(WP)で無料公開

3Dプリンタが従来のものづくりと融合し
新たな可能性を生み出す

 もう一つの例は、長野県にある設計事務所のスワニー。同社は3Dプリントモデルと樹脂金型を融合させた「デジタルモールド」で、コスト削減と技術革新を両立しビジネスを加速させた。

 実製品と同じ物性での機能試験や金属金型の形状確認するための試作用に、または50~100の小ロットの製品を生産する場合にデジタルモールドを採用。

 注目すべきは、3Dプリンタが金型職人など従来の仕事を奪うのではないという点だ。むしろ最新技術と熟練の職人技が融合した、ものづくりの新しい形とは?詳しくは下記のWPをダウンロード

基礎から3Dプリンティングの特長とメリットがわかる
「3Dプリンタ入門」を期間限定で

 これらの事例に見られるキーワードは2つ。
 CADデータを活用して試作(プロトタイプ)を素早く(ラピッド)に製作しようとする製品開発手法「RR(ラピッド・プロトタイピング)」、および、3Dプリンタを使ってCADデータから最終製品を直接製造する「DDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)」である。

 これらを基礎からわかりやすく解説したWP「すごさがわかる 3Dプリンタ入門」も期間限定で無料ダウンロードできる。

この記事の続きは以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

事例研究1:山形県立博物館
「女神」の複製を創る
事例研究2:スワニー
デジタルモールド® で職人技を活かす

【活用事例】どのような課題を抱え、いかにして解決したのか?

スゴさがわかる 3Dプリンタ入門

●3Dプリンタで何が変わるのか?
・PR ラピッド・プロトタイピングという考え方
・DDM ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリングという考え方
・2つの技術でモノづくりを一括サポート
・ストラタシスが選ばれる理由

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社ストラタシス・ジャパン(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社ストラタシス・ジャパン

〒104-0033

東京都中央区新川2-26-3

住友不動産茅場町ビル2号館8階

TEL:03-5542-0042



Stratasys(米国ミネソタ州ミネアポリス)は、3Dプリンタの世界シェア約50%を有する業界トップ企業です。



IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧