ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
斎藤 顕一
フォアサイトアンドカンパニー代表取締役 ビジネス・ブレークスルー大学・大学院教授

 日本国内のB2Bビジネスにおいて、売り上げ全体に占める「既存顧客」の割合が、85~90%に達する企業は決して珍しくない。リーマンショック以降は、新規顧客の獲得がますます困難になっているという背景もあり、企業の業績を上げるうえで既存顧客をどのように維持強化していくかが、経営上の重要なテーマとなっている。

 ところが多くの企業においては、新規顧客を獲得することに人材や予算が優先され、既存顧客への対応はないがしろにされているという現状がある。

 ビジネス・ブレークスルー大学経営学部の教授を務め、経営コンサルティングを専門に行うフォアサイトアンドカンパニー代表取締役の斎藤顕一氏は、この問題を次のように分析する。

 「長く取引のある顧客の場合、『これまで上手くいっていたのだから、まさか契約が無くなることはないだろう』と考えてしまいがちです。ところがバブル崩壊以降の失われた20年において、既存顧客のロイヤリティはかつてないほど低下しています」

 その結果として、たとえば小さなクレームなどを機に、ライバル企業に大口の顧客を奪われる事例が増えているという。これには、日本の企業の多くがこれまで「経験ベース」に従った意思決定を重視してきたことに大きな原因がある。つまり過去の実績や事例、売り上げとの対比にのみ囚われるあまり、顧客における現在の課題や、ニーズの変化を見抜けなくなっているのだ。

 なぜ、企業は既存顧客のサポートが十分にできないのだろうか。

既存顧客維持の「ヒント」と「成功事例」は
資料をダウンロードしてお読みください。

資料ダウンロードのご案内

企業活動を左右する「既存顧客」へのアプローチをどうやって改善していくべきか

経営コンサルタント・斎藤顕一氏とサービスソース社長、関根正浩氏のリレーインタビュー。
既存顧客へのロイヤリティが、かつてないほど低下している。その原因は、顧客のデータを分析し、改善策を提案する力の低下にあった。「経験値」から「データ主導」への転換と、具体的に成果を挙げる企業事例まで解説。
■主な内容
○顧客の抱えるニーズを顕在化させる方法
○顧客の分類で優先目標を可視化させる
○緻密なデータ分析による更新サービス
○改善事例2社

経営の安定は既存顧客からの売上アップ!いかに離反を減らし、契約更新できるか

なぜ、既存顧客が離れていくのか、そのリスクを回避して契約を継続させるにはどうしたらよいか。サービス契約を更新・継続させるための計画と効果の測定を、ケースごとに解説。
■主な内容
○新規偏重になりがちな営業リソース
○既存顧客には潜在的な離反リスクが存在する
○サービス契約を更新・継続させる5つのポイント
○定量化した営業分析の実施例

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、サービスソース・インターナショナル・ジャパン株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

サービスソース・インターナショナル・ジャパン合同会社

〒220-0012

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3

MMパークビル11階

TEL:045-670-0400




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧