ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2015年7月21日
著者・コラム紹介バックナンバー

中小企業も必須のマイナンバー制度対応は
セキュリティ強化の好機と捉えるべきだ

マイナンバー(社会保障・税番号)制度のスタートが2016年1月に迫ってきた。2015年10月からは個人番号の通知が始まる。対応が遅れている中小事業者も多いのが現状だが、矢ケ崎清税理士は、これを好機と捉えた「攻めの情報セキュリティ対策」を提唱する。 

中身が分かりづらいマイナンバー制度
税理士が主導的な役割を果たすべき

矢ケ崎清氏は、MBA(経営学修士)、ITコーディネーター、ITCインストラクターの資格を持ち、マネジメントとITにも精通する税理士だ

 矢ケ崎氏は次のように語る。「私は中小企業経営者を対象としたセミナーで講師を務める機会がよくあるのですが、マイナンバー制度に関して経営者に聞くと、『政府が宣伝しているので制度が実施されることは知っているが、制度の中身がよくわからない』という声が非常に多いですね。

 2013年5月に制定された番号法の条文や、その法律に基づくマイナンバー制度の概要については政府のホームページなどで確認できます法律の条文を素人が読み込むのは至難の業ですし、マイナンバー制度の説明資料やガイドラインを読んで概略はつかめたとしても、『では、自分の会社は具体的に何をどう準備すればいいのか』が具体的に書いてあるわけではありません。

 しかし一方で、マイナンバーへの対応をしっかりしながら、セキュリティを高めた企業は、顧客からの信頼を勝ち取ることができます。これは大きなビジネスチャンスなのです(以下略)」

 中小企業であっても必須であるマイナンバー制度への対応をしながら、情報セキュリティも高めるためには、どのような方法があるだろうか。

中小企業経営者必見の
マイナンバー対策の全貌は
下の資料をダウンロードして
お読みください。

 

資料ダウンロードのご案内

中小企業は「マイナンバー」を機に
セキュリティを強化せよ!

Part1は、ITに強い税理士である矢ケ崎清氏による、中小企業のためのマイナンバー対策とセキュリティ強化のポイント。Part2は、中小企業向けの会計システムを手がけるミロク情報サービスの専門家が、マイナンバー運用サービスからセキュリティ強化システムまでをワンストップで提供するソリューションを解説
■主な内容
○マイナンバーの導入はセキュリティ強化の好機
○個人情報保護法への理解が必要
○導入はトップが汗をかくことが重要
○マイナンバー管理からセキュリティ対策までワンストップで考える

中小企業経営者のための
「マイナンバー対応度チェックシート」

矢ケ崎清税理士の監修による、中小企業経営者がマイナンバー導入期に実行すべき事柄を時系列に並べたチェックシート
マイナンバー制度への理解、社員への周知、番号の収集と管理の要点などを確認できる。

マイナンバー制度への
対応について

マイナンバー制度の基本情報から、有効な管理・セキュリティ対策をわかりやすくコンパクトにまとめた資料です。
具体的に帳票の新書式がどうなるかなど、マイナンバーによって何が変わるのかズバリわかります。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ミロク情報サービス株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社ミロク情報サービス

東京都新宿区西新宿1-25-1

新宿センタービル48F




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧