ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2015年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー

あなたの会社の営業組織は「顧客志向」か?
それとも「KY」か?
ソフトブレーン

営業マンの訪問すべきエリアを決めて新規顧客リストを与え、訪問件数をノルマ化しているのに新規顧客が思うように開拓できず、売上があがらない…。このような悩みを抱える営業組織は非常に多いのではないだろうか?

こういった営業組織で散見されるのが、顧客の立場で考えるという視点がない、「顧客視点」の欠如だ。相手のニーズを把握できていない、タイミングも考えずに商品やサービスを“売り込む”ことしか考えていない、などの特徴があり「KY(空気が読めない)」な営業組織と言い換えても良いだろう。

これまで4000社以上の企業の営業課題解決を支援してきたソフトブレーンの長田順三氏は典型的なKY営業組織の特徴として、以下のような例を挙げる。

【KYな営業組織の例】

(1)訪問目的や顧客が明確でない

・顧客(リスト)の優先度やランク分けができておらず、適切な顧客に適切なタイミングで訪問できていない

・上司から営業件数のノルマを課せられるため、結果的に「質」ではなく「量」を重視してしまい、 訪問しやすい顧客を頻繁に訪問してしまう

(2)顧客のニーズやキーマンを把握できていない

・顧客のニーズを把握せず、会社案内や営業資料に書いてある内容を そのまま説明するだけの「パンフレット営業」を繰り返している

・ヒアリングした内容をもとに提案しているにもかかわらず、表紙の社名を書き換えただけのプレゼンをしてしまう

・提案フェーズに合わせて、現場の担当者だけでなく予算を握るキーマンへのアプローチが必要だがキーマンを把握できていない

ソフトブレーン 取締役・本社営業本部長 兼 営業企画支援部長 長田 順三氏

(3)社内業務や会議が多く、実質的な営業時間が短い

・営業報告や会議資料の作成に時間を取られ、営業活動そのものがおざなりになっている

(4)営業先の重複や顧客履歴などが社内で情報共有されていない

・同じ顧客に別々の営業マンが訪問してしまったり、類似する課題を抱えた顧客への提案を過去に他の営業マンがしているにもかかわらず、その知見が共有されていない

・担当変更の際、新旧の引き継ぎがきちんとされておらず、顧客に同じことを何度も聞いてしまう

数え挙げればきりがないが、このような「KYな営業組織」から脱却し、「顧客視点」をもった営業組織に生まれ変わるには、どのようにすべきなのか。以下で具体的に見ていくことにしよう。

この記事の続きは以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

営業組織が「顧客志向」に生まれ変われば
新規も既存も成果が上がる

訪問件数をノルマ化しているのに新規顧客が増えず、売上があがらない…。こうした営業組織に多くみられるのが、「顧客視点」の欠如だ。
これまで4000社以上の企業の営業課題解決を支援してきたソフトブレーンの長田順三氏に、「顧客視点」で営業活動を展開するために必要なことを聞いた。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ソフトブレーン株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

ソフトブレーン株式会社

東京都中央区八重洲2丁目3番1号

住友信託銀行八重洲ビル9階

TEL:03-6880-2600




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧