ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「顧客の創造」がマーケティングの目的である
2015年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド・マネジメント・フォーラム

マーケティングオートメーションの先を行く
マーケティングプラットフォームで
本質的な自動化を実現する
【フロムスクラッチ】

1
nextpage

マーケティングオートメーションや効果測定ツールなど、ITツールを導入しても効果が出ないのは、データの縦割り管理が大きな原因だ。この問題を解決するため、フロムスクラッチが提供しているのが次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」である。

縦割りで導入されたツール
「つなぐ作業」を強いられる現場

フロムスクラッチ
代表取締役社長 CEO
安部泰洋

 デジタルマーケティングの進化は著しい。マーケティングオートメーション(MA)をはじめ、次々にITツールを導入した企業も多いはずだ。しかし、実際には有効に活用できていないケースが目立つ。フロムスクラッチ代表取締役社長 CEOの安部泰洋氏は次のように語る。

 「MAを適切に導入・活用するためには、営業へのサポート、マーケティングノウハウ、ITの知識が必要です。しかし、実際にはツールを提供する側、ユーザー企業側の両方にこうした能力が不足している場合が多いのです」

 マーケティングの自動化を図るつもりが、逆に工数が増大しているケースもある。その大きな原因として、安部氏が挙げたのが「ツールのパッチワーク」ともいうべき現状だ。

 「マーケティングには大きく3つのステップがあります。第1は集客です。第2は販促で、MAが主として担うのはこの段階です。そして第3は、従来からCRMやSFAがカバーしてきた売上・顧客管理。多くの企業ではこの3つのステップが縦割りで管理されており、データが一気通貫で流れる状態になっていません」

 たとえば、第1ステップの集客を分析するツールを使えば、どの施策が最も多くの潜在顧客を集めたかを、CPAを指標に知ることができる。しかし、それが最終的にどの程度の収益につながったのか、LTV(Life Time Value)をもたらしたかを把握するためには、第2、第3ステップまでをつなげて見る必要がある。

 しかし、各ステップで別々のツールが導入され、データの定義がバラバラであれば、データクレンジングなどの「つなぐ作業」が別途発生する。こうした工数の増大により、悲鳴を上げているマーケティング現場は少なくない。

 このような課題に対する解決策として、フロムスクラッチが提示しているのが次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」である。

 B→Dashは集客から販促、売上・顧客管理までをオールインワンで提供するクラウド型のマーケティングプラットフォームである。「どのチャネルが収益にどれだけ貢献しているのか分からない」「複数ツールを使うことによる工数増」といった現場の課題に対する解答として開発された。

この記事に関連した資料が、
以下からPDFを
ダウンロードしてお読みいただけます。

資料ダウンロードのご案内

【完全保存版】
マーケティングオートメーション徹底解剖

マーケティングオートメーションにはあまり語られない“真実”がある。本資料は、マーケティングオートメーションとは何かを徹底解剖します。その中で、今浮き彫りになりつつあるマーケティングオートメーションの課題を解説。そして今、マーケティングオートメーションを凌駕するテクノロジーとして注目を集める「次世代型マーケティングプラットフォー…

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、株式会社フロムスクラッチ(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら
1
nextpage

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社フロムスクラッチ

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7-20-1

住友不動産西新宿ビル17階

TEL:03-5937-8555




「顧客の創造」がマーケティングの目的である

顧客の創造とは、自社の顧客基盤を拡大することである。そのためにはマーケティングとイノベーションが不可欠である。顧客第一主義や顧客のセグメンテーションへの盲信から抜け出し、イノベーションを軸に顧客との新たな関係性の構築をすすめる企業と、マーケターの考え方を探る。

「「顧客の創造」がマーケティングの目的である」

⇒バックナンバー一覧