ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2016年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー

売り手と買い手の気持ちのミゾは
どうして生まれるのか
ソフトブレーン

 買い手(顧客)と売り手(営業)――この二者間に生じる心理的なギャップが生まれる要因として、主に次の4つのケースが考えられる。

 まずは価格。営業担当者は失注した原因として「競合より価格競争力が劣るために売れない」という言葉をよく口にする。しかし、現実は価格差以上のメリットが理解できれば、顧客は価格が高くても購入に踏み切るケースが多い。このように、受注に至らなかった本当の理由を把握できていない営業組織がほとんどだ。

 また、予算の都合などで営業すべきタイミングが数ヵ月先だということが商談中にわかる場合がある。その時は「ではまたその際に…」と言って商談は終了してしまう。再度訪問すべき「正しいタイミング」に訪問することが重要なのだが、先々までスケジュールを管理できる営業マンはごくわずか。多くは、忘れてしまって再提案することなく、他社に顧客を奪われることとなる。

ソフトブレーン 取締役・本社営業本部長 兼 営業企画支援部長 長田 順三氏

 このほかにも、顧客情報の一元管理ができていない問題、営業先のキーマンをつかめていない問題などが、顧客の購入意欲と営業側のギャップを深めている。

 こうしたミゾは、どうして生まれてしまうのか。ソフトブレーンの長田順三氏は「営業の事前準備不足」が大きな原因と指摘する。では、どうすれば準備をしっかりして営業にあたることができるのか。

 下記からダウンロードできる資料では、ここで紹介したものを含むさまざまなギャップについて、長田氏による詳しい分析と、正しい解決策を確認することができる。効率アップを図り、チームの成績を向上させたい営業マネージャー、そして業績を上げたい企業経営者のすべてにとって、必読の内容である。

資料ダウンロードのご案内

買い手と売り手の心理的ギャップは
どうすれば埋まるのか?

買い手(顧客)と売り手(営業)の心理的ギャップを生む4つのケース
●ケース1 失注理由を価格と決めつけている誤解
●ケース2 顧客が検討してくれる時期を営業が管理できない
●ケース3 顧客データの一元管理がないので要望に即応できない
●ケース4 顧客のキーマンは社内の誰かが会っている
それぞれのミゾを埋め、チャンスを逃さない営業組織の作り方を指南します。

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ソフトブレーン株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

ソフトブレーン株式会社

東京都中央区八重洲2丁目3番1号

住友信託銀行八重洲ビル9階

TEL:03-6880-2600




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧