ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT&ビジネス 業界ウォッチ Special
2016年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー

デジタルで商品・サービスを取捨選択する
現代の消費者像が明らかに
消費者行動調査2016レポートを無料公開

消費者は、企業からの情報の8割以上を「ノイズ」と認識している――。

 アドビ システムズが日経BPコンサルティングに委託して2015年12月に実施した消費者調査から、驚くべき事実が明らかになった。多くの企業は、最大多数を想定した情報をWebサイトへ掲載し、電子メールで一斉配信しているが、そうした企業のWebサイトや電子メールから受け取る情報について、消費者は厳しい判定を下していることがわかったのだ。ニーズに合致しない情報は、むしろノイズと捉えられてしまう。企業と消費者の間にある認識のギャップが浮かび上がった。

 この調査は、国内の消費者1000人に対して「消費者の商品情報の収集におけるWebの役割」について聞いたもの。とくに企業と消費者の主な接点である「Webサイト」「メール」について、消費者がどのように感じているかがストレートにわかる興味深い調査結果が出ている。

 アドビでは、調査結果をレポート「DIGITAL MARKETING DISCOVERY 消費者行動調査2016」として公開した。約1年前にも同様の調査を行ったが、今回のレポートは前回との比較も含め、デジタルメディアへ移行する消費者の態度と行動の変化が、よりリアルにまとめられている。

 たとえば、店頭で気になる商品を見かけた時、スマートフォンなどを使って「その場で商品情報を調べる」と答えた人は、前回の15.3%から今回は25.6%へ10ポイント以上も増加している。顧客体験の重要性が叫ばれているが、店頭では店頭での体験だけを向上させれば済むような単純な話ではないことを、この調査結果は示している。

レポートの全文(8ページ)は、下記のリンクから無料でダウンロードできる。消費者主導時代に求められるマーケティングの基礎資料として、全ての企業のマーケティング担当者、さらに経営者にとって必読のレポートだ。ぜひその目で確認してほしい。

資料ダウンロードのご案内

デジタルメディア時代の
消費者行動を読み解く
~8割以上の消費者が
企業からの情報に関心を持たない~

1 デジタルメディアが商品を知るきっかけ
2 6割の人が「知りたい情報はWebサイトで調べる」
3 Webサイトに求められる「分かりやすさ」のその先
4 企業と消費者の間にあるギャップを埋める
5 検討を阻害する体験は顧客を失う

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、アドビ システムズ株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

アドビ システムズ株式会社

〒141-0032

東京都品川区大崎1-11-2

ゲートシティ大崎イーストタワー




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧