ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

 ビジネスのグローバル化、複雑化などの動きを受けて、人事部門に必要とされる能力はより高度なものになっている。明治大学大学院教授の野田稔氏は「人事部門には、より戦略性が求められるようになりました」という。

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授 野田稔氏

 野田氏は人事の役割を大きく3つに分けて考えている。第1に、従業員のやる気を最大化すること。最小のコストで最大のやる気を引き出すために、制度や仕組みづくりを主導し、さらには企業文化などのデザインを検討する。第2に、必要な人材を必要なときに、必要な数だけ、必要とする部門に遅滞なく届けること。そして第3には、人的・組織的な観点から、経営戦略の立案をサポートすることである。

 これらの役割を十分に果たしている人事部門は、残念ながら多くない。従業員のエンゲージメントや生産性の低さは、日本企業の課題としてしばしば指摘されている。また、ビジネスニーズの変化に対して、必要な人材の供給が追い付かないという悩みの声もよく聞かれる。

 なぜ、日本企業の人事は本来の役割を果たせないのか。

 下記からダウンロードできる資料では、この課題に対して、数多くの企業人事の現場を見てきた野田氏ならではの解決策が提示されている。また後半は、グローバル企業が採用を増やしているクラウド型人事アプリケーション「Workday」の基本機能を紹介。人事改革を考えるすべての企業の経営者、人事担当者が読むべき内容だ。

資料ダウンロードのご案内

業務と人材の双方で
個別性が求められる時代
マッチングの適・不適が競争力を左右する

Part1 野田稔氏が語る
グローバル競争に勝つために人事部門が果たす役割
Part2 Workday HCMクラウドに見る
人事の課題に応え、改革を推進する
ITシステムの条件

ダイヤモンド・オンライン
登録済(会員)の方は
こちらからお進みください

ログインで一部項目の登録が省略できます
※情報の修正や追加を行った場合は登録内容が更新されます。

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報は、ワークデイ株式会社(同社のプライバシーポリシーはこちら)に受け渡され、ご案内などに利用させていただきます。
ダイヤモンド社のプライバシーポリシーはこちら

[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

ワークデイ株式会社

TEL:03-4572-1200




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special」

⇒バックナンバー一覧