ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

モハメッドが名付けトップ
英国におけるイスラム“共生”

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2011年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 イングランド、ウェールズで2009年に生まれた男の子に最も多く付けられた名前はオリバーだった。2位ジャック、3位ハリーだ。女の子は1位オリビア、2位ルビー、3位クロエである(英国立統計局調査)。日本と対照的に、英国の両親は、わかりやすくて、呼びやすい名前を付けたがる。そのほうが社会に出たときにメリットがあると信じられている。

 男の子の16位にMohammed、36位にMuhammed、62位にMohammad等々、スペル違いで12のモハメッドがランクに載っている。「デイリー・メール」紙が合計したところ7549人になり、公式1位のオリバーの7364人を抜いて1位に躍り出た(前年3位)。いかに英国にイスラム系の人びとが大勢暮らしているかがうかがわれる。Mohammedについても、ロンドンで4位、西ミッドランドでは1位だ。

 ところで、ジョージメイソン大学のJ・A・ゴールドストーン教授は、イスラム社会と西洋社会の関係改善は急務だと「フォーリン・アフェアーズ」誌10年1月号で指摘していた。09年調査では、「米国を好意的に見なしている」と答えた人は、米国の同盟国のエジプト、ヨルダン、パキスタン、トルコですら18%しかいなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧