◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第6刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

ハーバード生は
外国語をどう学んだのか

 私(廣津留真理)は、「SIJ2016」(2016年夏に大分市で2週間開催)の講師役に応募してくれた100名のハーバード生から、2~7か国語を習得している学生60名に下記のアンケートを行いました。

質問:「自分の国にいながら外国語を学ぶベストな方法は何ですか?」

「文法を含む短文をひたすら読んで暗記する」「よい先生に出会う」「目標を設定する」と答えた2名を除くほぼ全員が、外国語の文化やエンタメにどっぷりハマること(cultural immersion)と回答しています。

 音楽、歌、本、絵本、映画、ビデオゲーム、テレビ、ラジオ、ニュース、芸術、政治、マルチメディア、ポップカルチャーなど、自分の好きなものに夢中になることで外国語が身につく、それが17~22歳のバイリンガル以上の語学力を持つトップ大学の若者の答えです。

 さらに上達するには、話すときに間違いを恐れない、間違いを指摘するような環境をつくらない、いちいちテストしない、オープンマインドになる、社交的になる、好きなカルチャーについて友人と外国語で語り合う、外国語コミュニティをつくって会話の練習をする、アプリを利用する、教科書以外の本を多読する、朗読する、語彙を増やす、資格試験を受ける、そして究極的には、日記をつける、短編動画をつくる、小説や詩を書く、ゲームをつくる、アートをつくるといったアウトプットにまで発展しています。

 これぞまさに、私がSIJで実践している、英語「を」学ぶのではなく、英語「で」学ぶの実生活版です。
 そのためには、

・英語で文化力を身につける好奇心とオープンマインド
・語彙力を増やす地道な努力と土台となる国語力
・子どもの好きを支える家庭の文化資本

 この3つがとても大切です。

 そこで本書では、SIJに講師として参加したハーバード生が独自につくったお話、単語リスト、英会話、英作文ドリルを「プレミアム特典」として巻末に掲載しています。
 ぜひ楽しみにしてください。