◎文法不要! 和訳不要! 書き取り不要! 
◎親は教えなくていい! 隣でただニコニコして座っているだけでいい!
◎「1日たった5分のらくらく単語暗記法」を楽しんでたら、小2で英検準2級合格! 地方公立からハーバード合格!
◎週1回、たった75分の授業で、大学入試レベルの単語帳を小学生が音読!
……こんな英語教室が、九州の大分駅近くにあるのをご存じだろうか?
英語教室を運営する傍ら、これまで4~18歳の3000人の子どもたちに実証済。長女が大分県の公立小中高からハーバード大学、ジュリアード音楽院合格とありえない成果を出し続けている、廣津留真理氏の最新刊『英語で一流を育てる──小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』が発売早々第6刷となった。
今回、再現性重視の観点から、最新ハーバード生200名リサーチを敢行。衝撃の事実が判明したという。
セレブ家庭でない普通の家庭の大分県の子どもたちに、どうやって本当の英語力をつけているのか? 
一体全体、どんな「奇跡の勉強法」なのだろうか?

英語力をグンと伸ばすのは、
親の無償の愛

 ある生徒のお母さんの言葉に胸を打たれました。

「親が子どもと一緒にすごせる期間は長くはありません。
 だから子どもと学びを共有する時間はすごく大切なのです。
 息子のそばで一緒に学び、その成長や上達を一緒に喜ぶ。
 そんな時間を、私も楽しみたいと思っています」

 子どもは時とともに成長し、自立し、大人になっていきます。
 親にとってこれはとてもうれしい反面、どこかさびしいことでもあります。

 ママやパパが無条件で大好きで、ほめられたら素直に喜んで、認められたらうれしくて、ひとつできたら誇らしげに教えにくる。
 そんな子ども時代は短く、すぎ去ってしまえば2度と戻ってきません。

 だからこそ、一緒にいられるときはありったけの愛情を注ぎ、がんばりを応援し、あたたかく見守ってあげてください。

 親の無償の愛を子どもが最も感じるのは、やはり親と一緒にいるとき。
 そばにいて、一緒に笑ったり、喜んだり、遊んだり、学んだり……。
 それは子どもにとって、ママやパパを「ひとり占め」できる一番幸せな時間なのです。
 だから、家で英語を勉強するときは、親もそばに寄り添って学んでください。
 大好きなママやパパが一緒だから勉強も楽しくなる。一緒で楽しいから、毎日やりたくなる――絶対的な愛情を注いでくれる親の存在そのものが、子どものやる気を伸ばす最大のモチベーションなのです。