99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレントまで、世界最古の『易経(えききょう)』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化した『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売前から話題となっている。
「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、人間は9タイプしかいないと断言。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消、2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかる、という著者に、発売前にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

大自然に紐づけられた『9code』

 私は経営コンサルタントとしていろいろな経営者と接していますが、今回、歴史上の人物から有名タレントまで、世界最古の『易経』をベースに、1万人のサンプリングを体系化した『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』を発表しました。
『9code』は、その名のとおり、9種類の「code(コード)」で成り立っています。
 人間は9種類のタイプしかいないということです。本書に収録した『9code』判定法でわかります。

●水の一白(いっぱく)
●大地の二黒(じこく)
●雷の三碧(さんぺき)
●風の四緑(しろく)
●ガイアの五黄(ごおう)
●天の六白(ろっぱく)
●湖の七赤(しちせき)
●山の八白(はっぱく)
●火の九紫(きゅうし)

 歴史上の偉人や現代の著名人まで、それぞれのコードが大自然の現象に紐づけられています。
 たとえば、ピーター・F・ドラッカータモリは「水の一白」、野村克也落合博満は「大地の二黒」、坂本龍馬小池百合子は「雷の三碧」、福澤諭吉本田宗一郎は「風の四緑」、宮沢賢治市川海老蔵は「ガイアの五黄」、伊藤博文大谷翔平は「天の六白」、松下幸之助加藤一二三は「湖の七赤」、徳川家康三木谷浩史は「山の八白」、ビートたけしイチローは「火の九紫」など、「生年月日」さえわかれば、誰でも9タイプに分別されます。
 ですから、あなたにも個々に与えられた「コード」があり、必ずどれかのタイプに属することになります。『9code(ナインコード)占い』では、『9code』判定法により一発でわかるのです。