『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

<解説>

 アドラーは遺伝や生育環境の影響を100%否定したわけではありません。もちろん、遺伝の影響はあるでしょう。そして、両親が子供時代に自分をどのように育てたのか? 甘やかしたのか? 放置したのか? などは、私たちの性格形成に影響を与えたのは間違いありません。

 しかし、その影響は限定的であり、すべてではありません。母親にガミガミと叱られたから引っ込み思案になったのではありません。引っ込み思案になる、という方法を自分で選んだだけなのです。引っ込み思案になる以外の方法はいくらでもあるでしょう。例えば、母と論争することで自立心の強い性格になることもできたかもしれません。母とは違う冷静でクールな分析眼を持つこともできたかもしれません。母を反面教師として優しく見守るタイプになることもできたでしょう。

 アドラーは遺伝や生育環境を家の建築材料に例えました。同じ材料(遺伝や環境)を使ったからといって同じ家(人生)が建つとは限りません。ある人は南国の別荘風の家を建てるでしょう。ある人は機能的なビルを建てるかもしれません。材料はあくまでも材料でしかありません。それをどのように使うか、という自由を私たちは持っているのです。 今のあなたの人生は、あなたが材料を使って自分で建てた「あなた自身の家」なのです。

 

アルフレッド・アドラー Alfred Adler(1870年-1937年)
オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイト、ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。個人心理学(アドラー心理学)を創始し、『7つの習慣』のコヴィー博士、カーネギーらに影響を与えた。「自己啓発」の源流である。

 

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。