ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

雑誌「ポパイ」の表紙から大ブレイク!
世界のイラストレーター松下進氏に学ぶ一流の仕事術

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]
【第103回】 2012年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

あのイチローも在籍していた「オリックスブルーウェーブ」(当時:現オリックスバッファローズ)や、「ガンバ大阪」といったプロスポーツチームのキャラクター、オリジナルコーポレートマークの制作など、これまでに数多くのキャラクターに命を吹き込んできた、松下進氏。マガジンハウス「ポパイ」や「週刊ファミ通」といったメジャー雑誌の表紙のデザインも手掛けてきた同氏は、日本のみならず、海外でも高い評価を受けている。その松下進氏が考え、実践する一流の仕事をするための条件を探るべく、お話を伺った。(聞き手/船井総合研究所:小林昇太郎、撮影/蛭間勇介)

物心ついた頃から
絵を描くのが好きでした

松下進(まつした・すすむ)/株式会社ススム マツシタ エンタープライズ社長。1950年2月6日東京生まれ。エアブラシを駆使した独自の技法を用いるキャラクター作家として、雑誌のカバーイラスト、広告用のキャラクター、ゲームコンテンツ、アニメーションキャラクターデザインなどを通して、数多くのキャラクターを世に送り続けている。東京イラストレーターズソサエティ会員。ニューヨーク・ソサエティ オブ イラストレーターズ会員。公式ホームページ
Photo by Yusuke Hiruma

――松下さんがどういったキッカケでイラストレーターになられたのかを教えて頂きたいのですが、まずは、どのような少年時代を過ごされたのでしょうか。

 親から聞いた話ですと、まだ物心つかない頃から、絵を描くのが大好きな子どもだったようです。昔から家の前の石畳の舗道いっぱいにロウセキを使って絵を描いていたそうです。

――なるほど。その頃から既に現在の片鱗が見られますね。実際に絵を描く時に当時のテレビやマンガなど、松下さんに影響を与えたものは何かあったのでしょうか。

 記憶に残っているのは『少年ケニヤ』という絵物語形式の本ですね。これは山川惣治氏という作家が描いているんですが、私の父がその作品を大好きで、一緒に私も夢中になって見ていました。写実的な絵で恐竜なんかも出てきて、その影響も大きいと思いますね。

――『少年ケニヤ』は私の生まれる前のアニメですが、昔のテレビやアニメを紹介する番組で何度か見たことがあります。どういった経緯で、絵を描くことを仕事にしたいと思うようになったのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小林昇太郎 [船井総合研究所 経営コンサルタント、富裕層ビジネス研究会主宰]


立教大学大学院 経営管理学修了。「日本をはじめ、世界の富裕層ビジネスの今を知ることが富裕層ビジネ スへの参入だけでなく、日本の多くの経営者の抱えている既存・新規ビジネスへの経営課題をも解決する」と考え、2009年4月、富裕層ビジネス研究会を立 ち上げる。研究会には、国内だけでなく東南アジア、香港、中東など海外から研究会への入会も多く、研究会からいくつもの新規事業を立ち上げている。多方面に渡るネットワークを国内外に持ち、それを活用しながら日本とアジアをつなぐビジネスプラットフォーム構築を船井総研の中で手がける。
著書:『ビリオネアビジネスの極意』(KKベストセラーズ)他。

富裕層ビジネス研究会 サイト

アジア進出.com~業種とテーマに精通する船井総研だからこそのアジア進出サポート

 


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧