ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本の半導体企業の苦境が続いている。エルピーダメモリの会社更生法申請につづき、ルネサス エレクトロニクスは1万人超の人員削減を発表した。その凋落の原因については、すでに学会やジャーナリストなど各方面から分析がなされているが、今回は、40年にわたり半導体研究・開発に携わってきた、産業サイドの第一人者とも言える菊地正典氏の分析と提言を紹介する。

 では、どうすれば日本の半導体産業は復活可能なのか。その処方箋を探ってみましょう。

〈1〉コスト削減
  ──リソグラフィ工程をなくしてみるとどうなりますか?

 この表題を見て、「何をバカな」と思う半導体関係者がいれば、その段階で復活は難しいかもしれません。というのは、私は単に「リソグラフィをなくすかどうか」を問うているのではなく、半導体づくりを根本から変えるほどの「覚悟」を問うているからです。

 というのは、これまでのような歩留まり向上を中心とするコスト低減はもちろん重要なのですが、この期においては戦略的なコストダウンを考えねばなりません。

 もし目標の実現が非常に困難そうであれば、開発そのものを断念すべきでしょうが、ひとたび、開発にゴーがかかった場合には従来の積み上げ方式ではなく、「○円でいく」というトップの指示のもと、全部門は個別のコスト目標に落とし込んだ上で、その必達を実現しなければなりません。

  技術者がコストを強く意識して業務を遂行するためには、普段から担当業務内容のコストへの影響(コスト構造)を十分理解し、把握しておかなければなりません。したがって経理部門などはコスト構造に関する情報の提供や教育などを関係者全員に徹底しておく必要があります。たとえば、
「半導体の製造工程においてリソグラフィ工程を1つ減らしたらどのくらいの製品コストの低減に繋がるのか」
  といった類のことです。既存の概念に固執していては、戦略的なコストダウンは不可能です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
「原因と結果」の経済学

「原因と結果」の経済学

中室 牧子 著/津川 友介 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
「メタボ健診を受けていれば健康になれる」「テレビを見せると子どもの学力が下がる」「偏差値の高い大学に行けば収入は上がる」はなぜ間違いなのか? 世界中の経済学者がこぞって用いる最新手法「因果推論」を数式なしで徹底的にわかりやすく解説。世のなかにあふれる「根拠のない通説」にだまされなくなる!

本を購入する
3/7クラウド会計セミナー

(POSデータ調べ、2/19~2/25)


注目のトピックスPR


菊地正典(きくち・まさのり)

1944年樺太生まれ。1968年東京大学工学部物理工学科を卒業。日本電気(株)に入社以来、一貫して半導体関係業務に従事。半導体デバイスとプロセスの開発と生産技術を経験後、同社半導体事業グループの統括部長、主席技師長を歴任。(社)日本半導体製造装置協会専務理事を経て、2007年8月から(株)半導体エネルギー研究所顧問。著書に『入門ビジュアルテクノロジー最新半導体のすべて』『図解でわかる 電子回路』『図解でわかる電子デバイス(共著)』『プロ技術者になるエンジニアの勉強法』(日本実業出版社)、『半導体・ICのすべて』(電波新聞社)、『電気のキホン』『半導体のキホン』(ソフトバンククリエイティブ)、『図解これならわかる!電子回路』(ナツメ社)など多数。


現場の第一人者に聞く 「日の丸半導体」復活に向けての処方箋

日本の半導体企業の苦境が続いている。エルピーダメモリの会社更生法申請につづき、ルネサスエレクトロニクスは1万人超の人員削減を発表した。その凋落の原因については、学会やジャーナリストなど各方面から分析がなされているが、今回は、40年にわたり半導体研究・開発に携わってきた、産業サイドの第一人者とも言える菊地正典氏に話を聞いた。

「現場の第一人者に聞く 「日の丸半導体」復活に向けての処方箋」

⇒バックナンバー一覧