ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第6回】 2013年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

型破りな経営者たちの生き方に迫った
型破りな「知の巨人」
『経営者の精神史 近代日本を築いた破天荒な実業家たち』

1
nextpage

起業家、経営者の中には変わり者と見られている人が多くいます。トップに立つ人間はある程度「アクが強い」ほうが成功するのかもしれません。しかし、昨今はあまり目立った派手な言動を取ると、「出る杭は打たれる」式にネガティブな反応をされる社会でもあります。
異端の人が経営者になるのは何も最近のことではありません。社会が劇的に変化した明治・大正期には現在よりもさらにエッジの効いた、「破天荒な実業家」たちがいました。今回紹介する『経営者の精神史』はそんな人々の生き方に迫る一冊です。

山口昌男著『経営者の精神史』
2004年3月刊行。カバーのイラストは、「週刊ダイヤモンド」連載時の装画をまとめたもの。「三鷹のご自宅で奥様の手料理をいただきながらお話をうかがってことは今でもよく覚えています。知の巨人の凄みに触れられたのは編集者人生の中でも特に印象的な経験でした」(担当編集者)[画像を拡大する]

テロリスト、作家、芸人、蒐集家……
24人のユニークな経営者

 世界的に知られる文化人類学者の山口昌男さんが2013年3月10日に亡くなりました。81歳でした。2004年に出版された『経営者の精神史 近代日本を築いた破天荒な実業家たち』は、山口さんが直接執筆した恐らく最後の著作だろうと思います(編集された書籍はその後も多数出版されています)。

 本書は、近代日本資本主義を作り上げた明治初期の経営者の精神史をたどりつつ、現代思想を経営者の生き方から考察したユニークな作品です。中心を成す原稿は、「週刊ダイヤモンド」2002年7月27日号から03年10月4日号まで連載したものでした。

 序章に当たる「はじめに」で山口昌男さんはこう書いています。

現代思想と銘打ったような雑誌や刊行物に経営者が登場することはほとんどない。いわゆる現代思想のエネルギーの大半は相変わらず、欧米の書物をいかに要領よく引き写すかに費やされている。
 ところが、日本近代の魅惑的な部分がどのようにかたちを整えてきたかという問題を抱えた途端に事情は逆転する。欧米との対比においても、興味深さにおいても、いわゆる学問・思想はぐっと後退して、企業者の生きざまのほうが、前面に出てくる。
 というのは、どちらかといえば猿真似に終始してきた学問・思想とは異なり、企業者の行為は近代日本の文化、歴史と密接な関係において展開してきたからである。それゆえ今日、近代日本が世界の趨勢のなかで開拓してきたオリジナリティーに富み、ユニークでいろいろな分野にかかわりを持つ行為の総体としての『精神史』は、企業者(経営者)の歩みのなかに見出されるといっても過言ではない。(1〜2ページ)

 こうして全部で24人の経営者を取り上げ、彼らの来歴と知のネットワークを解明していきます。大半の経営者は幕末に青春期を送っており、旧幕臣としてテロ活動を行なっていた経営者、とてつもない美術品コレクターの経営者、舞台の脚本を書き、作詞家でもあった経営者など、びっくり仰天する姿が描かれています。だれでも知っている有名経営者はあまり登場しません。ぜひ本書をひも解いてください。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

    1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


    いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

    ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

    書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

    本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

     

    「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

    ⇒バックナンバー一覧