ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
将来、後悔しない!キャリアとお金の賢い育て方
【第2回】 2013年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
田島弓子 [ブラマンテ株式会社代表取締役],竹川美奈子 [ファイナンシャル・ジャーナリスト]

将来、大きな差が出る?
知らないとソンする「お金」の話

1
nextpage

この1月に『はじめての「投資信託」入門』を上梓したファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんと、『プレイングマネージャーの教科書』の著者で、人材マネジメント、キャリアアドバイスなどで有名な田島弓子さん特別対談が実現。4月は「仕事」や「将来」、を考える絶好の機会。それぞれの専門家であるおふたりに、「キャリア」と「お金」について語ってもらった。

お金を増やすには「支出を減らす」
「収入を増やす」「運用する」この3つの方法のみ

竹川 4月ということもあって、新しい環境に変わった皆さんも多いかもしれません。こんな時期にこそ「お金」について、改めて考えてほしいと思います。

田島 就職してお給料がもらえたり、転職や昇進などでお給料の額も変わったりしますもんね。

竹川美奈子(たけかわ・みなこ) LIFE MAP,LLC代表/ファイナンシャル・ジャーナリスト。明治大学卒業後、出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年フィナンシャル・プランナー資格を取得。新聞や雑誌などを中心に執筆活動を行なう一方、投資信託やETF(上場投信)、マネープランなどの講師も務める。著書に『投資信託にだまされるな!2010年最新投信対応版』、『あなたのお金を「見える化」しなさい!』(ともにダイヤモンド社)『金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術』(かんき出版)他多数。
著者ウェブ http://www.m-takekawa.jp/ https://www.facebook.com/lifemapllc

竹川 そうですね。セミナーなどでは「将来が不安」という声を耳にします。けれど、長期的にお金を増やしていくには3つしか方法はありません。「支出を減らす」「収入を増やす」「運用する」です。

 一番最初に実行できるのは「支出を減らす」こと、つまり無駄なものを減らすという節約ですね。「収入を増やす」に関しては、会社員の場合、お給料がいきなり2倍、3倍にはなりませんから、「働く期間を長くする」か、世帯で考えて「稼ぎ手を増やす」というのが現実的です。結婚したらできるだけ共働きをするというのも有効な手段です。そして、お給料の一部を「運用する」。

田島 この3つがそろったら最強ですね。

竹川 そうですね。例えば、ムダな支出をそぎ落とすことができれば、その分浮いたお金を貯蓄や投資に充てることができるので、資産形成する上ではプラスですし、自分への投資、例えば、専門知識や語学の勉強などにお金を振り向けることで収入アップにつながるかもしれません。この3つは実は密接につながっているのです。

田島 なるほど。3つの要素はつながっているわけですね。

竹川 お金に関して無頓着のままだと、リタイア間近になって危機的な状況に気づく場合もあります。例えば、今の50代は20~30代に比べて比較的余裕があると言われていますが、結構個人差があります。企業のマネープランセミナーでは個人版の簡易なバランスシートや損益計算書をつくってもらいます。

 50代の方にバランスシートを作成してもらうと、同じ年齢で、同じ会社に入社して、お給料があまり変わらない場合でも、金融資産や負債などは全く違うということもよくあります。

田島 そんなに違うんですか?

竹川 例えば、お金に関して計画的に考えている方だと50代の半ばには住宅ローンを完済していたりします。その上で退職時には1000万円や2000万円といった退職一時金が受け取れます。そういった方は無理にハイリスクな運用をしなくても、大失敗をしなければ生活していけるので心配はないのですが…。

 逆にお金に関してあまり計画性もなく来てしまって、同じ50代後半で、まだ1000万円以上の住宅ローンが残っていて、さらに金融資産が少ししかない、というケースもあります。つまり退職金で住宅ローンを全額返済したらもういくらも残らないのに、貯金がほとんどないんです。それで定年直前になって困っている、というような…。

 こうした差は半年や1年でできるわけではなく、5年10年、20年の積み重ねの結果、それだけ差が開いていくということです。

田島 30年後のその差を新入社員の時に見せてあげたかったですね。

竹川 本当に!早く気づけば、それだけ軌道修正もききますからね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


田島弓子 [ブラマンテ株式会社代表取締役]

成蹊大学文学部卒。日本人材マネジメント協会会員。IT業界専門の展示会主催会社などにてマーケティングマネジャーを務めた後、1999年にマイクロソフト日本法人に転職。約8年間の在籍中、Windows 2000、Windows XP、Windows VistaなどWindowsの営業およびマーケティングに一貫して従事。当時、営業・マーケティング部門では数少ない女性の営業部長を務める。在籍中、個人および自身が部長を務めた営業グループでプレジデント・アワードを2回受賞。 2007年キャリアおよびコミュニケーション支援に関する事業を行うブラマンテ株式会社を設立。キャリアアドバイザーとして「若年層向け働き方論」「中間管理職向けビジネス・コミュニケーション」「女性活躍支援」の3テーマに特化し、社員研修、講演、公開セミナー、大学講義、執筆などの活動を行っている。日本生産性本部内「ワーキングウーマンパワーアップ会議」が主催する「エンパワーメント大賞(現 女性活躍パワーアップ大賞)」の立ち上げ時、推進委員を務めた。 著書に『プレイングマネジャーの教科書』『女子社員マネジメントの教科書』(ダイヤモンド社)、『ワークライフ“アン”バランスの仕事力』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『働く女性 28歳からの仕事のルール』(すばる舎)、『「頑張ってるのに報われない」と思ったら読む本』(WAVE出版)がある。

竹川美奈子 [ファイナンシャル・ジャーナリスト]

LIFE MAP,LLC代表。出版社や新聞社勤務などを経て独立。99年ファイナンシャルプランナー資格取得。新聞や雑誌などを中心に執筆活動を行ういっぽう、投 資信託やETF、確定拠出年金セミナーなどの講師を務める。
公式サイト http://www.m-takekawa.jp/
個人ツイッター http://twitter.com/minakotakekawa

 


将来、後悔しない!キャリアとお金の賢い育て方

 

 

「将来、後悔しない!キャリアとお金の賢い育て方」

⇒バックナンバー一覧